2011年09月06日

OLEDディスプレイ キャラクタ表示タイプが入荷!

デジットにはLCDをはじめとする様々な表示機を取り扱っていますが
ついに!OLED(有機LED)ディスプレイのキャラクタ表示タイプが
入荷いたしました!
oled_lcdoled_y






16文字×2行の白文字タイプ、16文字×2行の黄文字タイプ、
20文字×2行の白文字タイプの3種類を取り揃えました!

(2011.09.11追記)
20文字×2行の黄文字タイプも新たに入荷しました!

<<<OLEDディスプレイの主な仕様>>>

●5x8dot
●8ビットパラレルインターフェイス
●コントロールIC:US2066
●Vdd:DC3.0V~5V (3.3V/typ)
●Idd:80mA(max @Vcc:3.3V)
●LifeTime:50000時間

<<<OLEDディスプレイの特徴>>>
oled_sideoled_side2






●文字そのものが発光するためバックライトが不要
●文字のコントラストがはっきりしていてみやすい(通常の約10,20倍程度)
●文字表示がキレイ
●上下左右、視野角が広く読み取りやすい(通常の約2、3倍程度)
●高速での表示が可能(通常の約4、5倍程度)
●バックライトが無い分薄い(通常のバックライト付の約70%程度)
●温度範囲が広く(-40℃~+70℃)(通常0℃~+50℃)
●周囲温度に表示が影響されにくい<通常タイプとの比較については参考程度>。
●ピンレイアウトは通常のLCDと同じで使いやすい
1:GND、2:Vdd、3:Vadj、4:RS、5:R/W、6:E、7:DB0、8:DB1
9:DB2、10:DB3、11:DB4、12:DB5、13:DB6、14:DB7

動画をご用意しました:その1(@Youtube)
実験程度にランダムにキャラクタを表示させています。


<<<OLEDディスプレイの主な制御機能>>>
●3つのキャラクタ用ROM(切替式)
●2Line/1Line表示
●2Line使用のワイド文字
●カーソル表示ON/OFF
●カーソル点滅表示ON/OFF
●表示ON/OFF
●表示文字の点灯反転
●表示全体の上下反転
●表示文字の反転(鏡文字)

コントローラICはOLEDディスプレイ用のため、従来の44780系と同じ
制御は行えませんが、感覚的にはよく似た感じですので、少し慣れれば
簡単に扱えると思います。

では、実際にOLEDディスプレイを動かしてみたいと思います。
動画をご用意しました:その2(@Youtube)


【動画の動作説明】
●LCD_PowerOnで内部イニシャライズ(設定有)
100mS以上待ちます。

●表示を出します(カーソル/点滅有り)。
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み) 
Display ON/OFF (0b00001111)or(0Fh)
不定のROMデータが表示

●表示とDDRAMデータとアドレスカウンタをクリアします。
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)(1.52ms以上待機)
Clear Display (0b00000001)or(01h)
左端上部で点滅状態

●適当にデータを入れて3つ程文字を出します。
(RSは1/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
WriteData (0b11000000)or(c0h)
(RSは1/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
WriteData (0b11000001)or(c1h)
(RSは1/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
WriteData (0b11000010)or(c2h)
左端上部から”タチツ”が表示され 4文字目で点滅状態
カタカナが表示されたのでROMC

●デジットと表示させてみます。
(RSは1/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
WriteData (0b11000011)or(c3h)
WriteData (0b11011110)or(deh)
WriteData (0b10111100)or(bch)
WriteData (0b11011110)or(deh)
WriteData (0b10101111)or(afh)
WriteData (0b11000100)or(c4h)
左端上部から”タチツデジット”が表示され 10文字目で点滅状態

●連続して文字をだしてみます。
(RSは1/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
WriteData (0b11000011)or(c3h)
WriteData (0b11011110)or(deh)
WriteData (0b10111100)or(bch)
WriteData (0b11011110)or(deh)
WriteData (0b10101111)or(afh)
WriteData (0b11000100)or(c4h)
WriteData (0b11000011)or(c3h)
WriteData (0b11011110)or(deh)
WriteData (0b10111100)or(bch)
WriteData (0b11011110)or(deh)
WriteData (0b10101111)or(afh)
WriteData (0b11000100)or(c4h)
左端上部から”タチツデジットデジットテ”が表示され、左端下部 2文字目で
点滅状態表示とアドレスカウンタの位置
00h,01h,02h,03h,04h,05h,06h,07h,08h,09h,0ah,0bh,0ch,0dh,0eh,0fh
20h,21h,22h,23h,24h,25h,26h,27h,28h,29h,2ah,2bh,2ch,2dh,2eh,2fh

●カーソルを移動
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
アドレスカウンタの値(AC6~AC0)に設定コード(DB7=1)を足したデータを設定
(DB7=1+AC6:AC0)

set DDRAM Address (0b10000001)or(81h)<アドレスカウンタの値=01h>
左端上部 2文字目で点滅状態
set DDRAM Address (0b10001001)or(89h)<アドレスカウンタの値=09h>
左端上部 10文字目で点滅状態
set DDRAM Address (0b10100000)or(a0h)<アドレスカウンタの値=20h>
左端下部 1文字目で点滅状態
set DDRAM Address (0b10101101)or(adh)<アドレスカウンタの値=2dh>
左端下部 14文字目で点滅状態

●”12”と表示させてみます。 
(RSは1/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
WriteData (0b00110001)or(31h)
WriteData (0b00110010)or(32h)
左端下部 14文字目に1,15文字目に2,16文字目で点滅状態

●カーソルを00h番地に移動
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)(1.52ms以上待機)
ReturnHome (0b00000010)or(02h)
左端上部 1文字目で点滅状態

☆基本的な操作は以上です。

●データROM(A/B/C)の切替
(標準=08h)=ROMC
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)(ページ切替)
FunctionSet (0b00101010)or(2ah)
FunctionSeiectionB
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
(0b01110010)or(72h)
(RSは1/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
(0b00000100)or(04h)=ROMB
////////////////////
FunctionSeiectionB
(0b01110010)or(72h)
(0b00000000)or(00h)=ROMA
////////////////////

●ダブル_ハイ_フォント (標準=28h)
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
FunctionSet (0b00101100)or(2ch)

●リバースビット (標準=2ah)
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
FunctionSet (0b00101011)or(2bh)

●コントラスト調整 (標準=8Fh)
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)(ページ切替)
FunctionSet (0b00101010)or(2ah)
OLEDCharacterization (0b01111001)or(79h)
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
Set Contrast Control
(0b10000001)or(81h)
(0b00000000)or(00h)最小
////////////////////
(0b10000001)or(81h)
(0b11111111)or(ffh)最大
////////////////////
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)(ページ切替戻し)
OLEDCharacterization (0b01111000)or(78h)

●鏡文字 (標準=06h)
(SEGをseg0->seg99から設定する事で可能)
(RS/RWは0)(Eは立下りで読み込み)
EntryModeSet (0b00000111)or(07h)
表示とアドレスカウンタの位置
13h,12h,11h,10h,0fh,0eh,0dh,0ch,0bh,0ah,09h,08h,07h,06h,05h,04h
33h,32h,31h,30h,2fh,2eh,2dh,2ch,2bh,2ah,29h,28h,27h,26h,25h,24h

注意事項:
主にFunctionSetの設定でページ(バンク)を切り替えて設定していきます。
(IS/RE/SDの設定)

ただし、一度切り替えると、切り替えた状態で保持されますので、別ページ
操作時には再度設定して下さい。

データシートの(IS/RE/SDの設定)が違う様ですので注意してください。(2011/9/1)
P.1(RE=0) P.2(RE=1/SD=0) P.3(未確認) P.4(RE=1/SD=1) ISは未確認

パワーオンでのイニシャライズになりますのでソフトでのイニシャライズとして
各再設定を推奨します。

16文字×2行の白文字タイプ
SO1602AWWB-UA-WB-U
DATASHEET
販売価格:¥1,880-

16文字×2行の黄文字タイプ
SO1602AWYB-UA-WB-U
DATASHEET
販売価格:¥1,880-

20文字×2行の白文字タイプ
SO2002AWWB-UA-WB-U
DATASHEET
販売価格:¥2,200-

(2011.09.11追記)
20文字×2行の黄文字タイプ
SO2002AWYB-UA-WB-U Blog記事
DATASHEET
販売価格:¥2,200-

(2011.11.02追記)
共立エレショップに登録しましたので通販ご希望の方はご利用ください。
OLEDディスプレイ キャラクタ表示タイプ各種

▼OLEDディスプレイ キャラクタ表示タイプ各種は
レジカウンター前にて吊り下げ販売中!
OLED_uriba
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │各種表示器 | 入荷情報

2011年08月31日

MarkAudio社のフルレンジスピーカユニットが入荷!

優れた特性で定評のあるMarkAudio社のスピーカユニットがついに入荷しました!

8cmフルレンジスピーカユニットで、メタルコーンタイプとペーパーコーンタイプの
2種類をご用意いたしました!


8cmアルミ・マグネシウムハイブリッドコーンフルレンジユニット
Alpair6M Gold

alpair6mgalpair6mg_back






alpair6mg_sizealpair6mg_freq






聴感上大変重要なBTTR(British Telecom's Telephonic Renge (400hz ~7500hz))音域の音作りを重視したドライバーです。

【Alpair6M Gold仕様】
再生周波数:65Hz~30kHz
最低共振周波数:65Hz
インピーダンス:4Ω
音圧レベル:85.249dB
許可入力(通常):15W
許可入力(瞬間):-W
Vas:3.651L/Qts:0.382/Qms:2.093/Qes:0.467
重量:0.5kg
附属ネジ:Aナベ 3×15 8本/1ペア

販売価格:¥16,700-(1ペア価格)
※1ペアでの販売のみです。



8cmペーパーコーンフルレンジユニット
Alpair6P
alpair6palpair6p_back






alpair6p_sizealpair6p_freq






駆動部を徹底的に軽く、サスペンションを徹底的に動きやすくしたドライバーです。

【Alpair6P仕様】
再生周波数:74Hz~30kHz
最低共振周波数:74Hz
インピーダンス:4Ω
音圧レベル:86dB
許可入力(通常):15W(max:30W)
Vas:3.696L/Qts:0.435/Qms:1.783/Qes:0.575
重量:0.5kg
附属ネジ:Aナベ 3×15 8本/1ペア
販売価格:¥16,700-(1ペア価格)
※1ペアでの販売のみです。

▼Markaudio社のスピーカユニットは
スピーカ売り場にて販売中!
alpair6uriba
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │オーディオ / 関連 | 入荷情報

2011年08月24日

タッチセンサ機能付、XLP対応PICマイコンが3種類入荷!

最近はスマートフォン、ゲーム機など身近に増えてきた静電容量式タッチパネルやタッチパッドを追加デバイスなしで実現できる、静電容量タッチセンサモジュール(CSM)を搭載したPICマイコンが3種類入荷しました。

また、『nano Watt XLP』対応品で、いずれもスタンバイ時:30nAという超低消費電力を実現していますので、バッテリ駆動のポータブル機器にも使用でき、タッチセンサ機能も含めると、これまで以上に幅広い用途で使用可能です。

PIC12F1822-I/P  販売価格:¥200-
PIC12F1822-I/PPIC12F1822-I/P足配置






主なスペック

PIC12F1822-I/P Spec

















詳しくはDATASHEETをご覧ください。



PIC16F1823-I/P
 販売価格:¥210-
PIC16F1823-I/PPIC16F1823-I/P足配置






主なスペック

PIC16F1823-I/P Spec

















詳しくはDATASHEETをご覧ください。



PIC16F1827-I/P  販売価格:¥270-
PIC16F1827-I/PPIC16F1827-I/P足配置






主なスペック

PIC16F1827-I/P spec

















※PIC16F88とピン互換
詳しくはDATASHEETをご覧ください。


基板にタッチセンサ用のパターンを引いて、メカニカルスイッチに変わりにタッチセンサを用いてスイッチを作ることもできそうです。タッチセンサの実験、評価などにいかがでしょうか?


PIC






デジットは『AVR』のイメージが非常に強いのですが、『PICマイコン』も多数取り揃えております。PIC開発ツールや関連書籍もございますので、AVRともどもよろしくお願い致します!

(2011.09.22追記)
共立エレショップに登録しましたので通販ご希望の方はご利用ください。
タッチセンサ機能付、XLP対応PICマイコン



▼静電容量タッチセンサ付きPICマイコン各種は

レジカウンタへお申し付けください!

pic12f16f_uriba














  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │マイコン / 関連 | 入荷情報

2011年08月20日

小型で高性能!組み込み向けのBeagleBoardが入荷

先日、Twitterにてご紹介いたしましたが改めてBlogにてご紹介いたします。

組み込みOS向けARMボード「BeagleBoard」と「BeagleBoard-xM」が入荷いたしました!
どちらも省電力・省スペース、そして低コストでシステムが構築でき、ファンなどの冷却装置も不要なので、まさに理想的な組み込みシステム向けのシングルボードコンピュータといえます。

BeagelBoard Rev.C4
bbc4bbbc4b






BeagelBoard Rev.C4スペック
bbc4_spec








BeagleBoardはBeagleboard.orgが開発した小型のマザーボードで、約80mm角という手のひらサイズながら、HDMI、SDスロット、USB2.0、RS-232C、オーディオ入出力などといったパソコンに必要な機能を備えています。
PoPで256MBのDDR-RAM256MBのNANDフラッシュメモリを搭載し、NANDフラッシュメモリでブート(NANDブート)が可能です。ブートコードはROMに内蔵されています。

BeagelBoardリファレンスマニュアル(PDF)

販売価格:¥22,000-



BeagelBoard-xM
bbxmbbxmb






BeagelBoard-xMスペック
bbxm_spec








BeagleBoard -xMはBeagleBoard Rev.C4の上位版で、プロセッサが1GHz、メモリが512MBにパワーアップ、D-Sub9P(RC232C)、USBハブ、イーサネット(100BASE-TX)が搭載され、さらに使いやすくなりました。対応SDカードがmicroSDに変更されています。
こちらはNANDフラッシュは非搭載なのでNANDブートはできませんが、microSDからブートが可能です。
BeagleBoard -xMリファレンスマニュアル(PDF)

販売価格:¥23,800-

この小さなボードでX-Windowが動作するLinuxマシンとして使用も可能で、組み込み用としてAndroid、WinCE、Ubuntu・・・などの組み込みシステム用OSも利用可能です。

組み込みシステムの学習に最適で、もちろん本格的に組み込みシステムに使用もできます。

(2012.03.08)
ハイスペックバージョンのPandaBoard ESも入荷しました!



【関連情報】
書籍:C&R研究所「基礎から学ぶ 組み込みAndroid」
ISBN978-4-86354-076-7









本書は、組み込み用のCPUボード「BeagleBoard-xM」上でAndroidを稼働させ、その簡易組み込みAndroidシステムを使った赤外 線リモコン、GPS、Webカメラなどとの連携や簡単なロボットの作成を通して、組み込み用途に徹したAndroidのプログラミングについて解説してい ます。

これから組み込みシステムを学んでみたいと思われている方に、オススメしたい本です。
ぜひ、BeagleBoardと一緒にいかがでしょうか?

販売価格:¥4,410-


▼BeagleBoard(-xM)はレジカウンターにて販売中です!
bbc4xm_uriba
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │マイコン / 関連 | 入荷情報

2011年08月11日

夏休みの工作に!1.5VでLED点灯回路キット

通常、白色LEDは電池1本(1.5V)で点灯させることはできません。
白色LEDは3.3V~の電圧が必要で、乾電池1本では電圧不足です。
電池の3本以上に増やして電流制限用の抵抗を入れれば白色LEDが
点灯しますが、電池の本数が増えると重たくなり、かさばります。

そこで、デジットオリジナル「1.5VでLED点灯回路キット」をご紹介いたします!
1r5led






ブロッキング発振回路を利用したスイッチング昇圧回路で、1.5Vから3.6V以上に昇圧し、定電流回路により約18mAの一定電流で白色LEDを点灯させます。

一般的にブロッキング発振回路で使用するコイルは、鉄心やトロイダルコアに線を巻いて作ったりトランスを使用するものですが、デジットの1.5VでLED点灯回路キットの場合、マイクロインダクタを2本並べて使用しているのが特徴です。
1r5_coil1r5led_sch






マイクロインダクタは、一方が発振(フィードバック)用、もう一方が昇圧用で、2個同じ方向に並べることによって磁束結合しています

キットには白色LEDが付属しております。
夏休みの工作や自由研究に、昇圧回路の学習に最適なキットです。
また、完成後もちょっとしたLEDライト代わりに使用できますのでオススメです!
キット説明書
販売価格:¥380-


▼「1.5VでLED点灯回路キット」は
LED売り場の上にて吊り下げ販売中!
led1r5uriba

















共立エレショップに登録しておりますので通販ご希望の方はご利用ください。
1.5VでLED点灯回路キット / LED1.5_5_KIT

  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │デジットキット/プロダクツ | LED / 関連商品