2010年12月25日

ステレオオーディオ電子ボリューム「MAX545xシリーズ」入荷!

max565xMAXIMのステレオオーディオ電子ボリュームIC「MAX5456EEE+」「MAX5457EEE+」が入荷いたしました!

電子ボリュームといえば、”マイコン制御”のイメージが強いのですが
このMAX545xシリーズはMAXIM社”SmartWiper™制御”によりプッシュボタンインターフェイスを備えてコントロールを行うためマイコン制御が不要です!

電子ボリュームを使ってみたいけど、マイコンがネックだったという方に超オススメです!


MAX5456EEE+
max5456MAX5456は4ボタンタイプで、ボリュームとバランスの制御を独立で行えます。




【スペック】
抵抗値:10kΩ

平均電流:±0.5mA(max)
32タップ(2dBステップ)
4プッシュSWインターフェイス
ミュート:-90dB
パワーオンリセット:初期-12dB
Vcc:3~5V(±2.7V)
パッケージ:QSOP16ピン(0.635mmピッチ)
DATASHEET(MAX5456/MAX5457共通)
販売価格:¥880-

MAX5457EEE+
max5457MAX5457は3ボタンタイプで、MODEボタンにより「ボリューム」と「バランス」を切り替えて制御いたします。
LEDによるインジケータでMODEの区別をします。

【スペック】
抵抗値:10kΩ
平均電流:±0.5mA(max)
32タップ(2dBステップ)
3プッシュSWインターフェイス
ミュート:-90dB
パワーオンリセット:初期-12dB
Vcc:3~5V(±2.7V)
パッケージ:QSOP16ピン(0.635mmピッチ)
DATASHEET(MAX5456/MAX5457共通)
販売価格:¥880-

wiper_position
ボリュームは32段階で、1段階ごとに2dB減衰します












応用回路例
max545xMAX5456とMAX5457の足配置は1番~4番ピン以外は共通です。
1番~4番ピンはMAX5456の場合ボリュームとバランスを制御するスイッチを接続、MAX5457の場合はボリュームとバランスを制御する共通のスイッチとMODE切替スイッチ、MODE表示用インジケータ端子となっております。
その他のピンの接続方法は共通です。




回路的には難しい回路ではありませんので、一度挑戦してみてください!



▼「MAX5456EEE+」と「MAX5457EEE+」は
レジカウンターにて販売中!
max565x_uriba
















(2011.01.16追記
共立エレショップに登録されましたのでご利用ください。

ステレオオーディオ電子ボリューム「MAX545xシリーズ」
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │入荷情報 | オーディオ / 関連

デジット年末年始の営業のお知らせ

今年もあと1週間を切りましたが、皆様、年始の準備はいかがでしょうか?

さて、デジットの年末年始の営業のお知らせです。

ai年内は12/29(水)まで営業いたします。

年末年始休業期間は12/30(木)~1/3(月)まで年始は1/4(火)より営業いたします!

年末も年始も営業時間は通常通りAM10:00~PM8:00となっております!


今年も最後まで、また来年も全力でお客様に満足していただけるショップを目指してまいりますので、よろしくおねがいいたします!
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │営業案内 

2010年12月22日

デジット年末セール開催中!

ただいまデジットでは年末セールを開催いたしております!

セール品の一部をご紹介いたします!(ほんの一部ですよ)
sale4sale1






sale2sale3






デジットホームページTOPのバナーをクリックすると、

セールのチラシをPDFで見ることができますので

ぜひご覧ください!

そして

デジットにてお買い物いただきましたお客様に

先着順でプレゼントをご用意いたしております!

共立オリジナル・携帯電話クリーナー!
keitai_cleaner1keitai_cleaner2携帯電話やスマートフォンの液晶画面をクリーニングできます。
裏面は粘着テープになっておりますので指に貼り付けて液晶画面を磨けるのでとっても使いやすいです。

また、本体に貼り付けて携帯できますのでジャマになりません!

数に限りがございますので、お早めにご来店ください!
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │特価/セール情報 

2010年12月21日

ナショセミ ハイエンドオーディオ向けIC特集

デジットで取り扱っている数あるオーディオ用ICのうち、ナショセミのハイエンドオーディオ向けICをピックアップしてご紹介いたします!



1回路 34V耐圧高性能Hi-Fiオーディオオペアンプ
「LME49710NA」
¥300-

lme49710







THD+N:0.00003%
PSRRandCMRR:120dB
GB:55MHz/SR:
±20V/us
入力オフセット電圧:0.05mV
Vcc:±2.5~±17V
入力バイアス電流7nA
Iout:±26mA
DATASHEET

LME49710_SCH超低ひずみのシングルオペアンプで600Ω Easyドライブ。
RIAAフォノイコライザの回路図がデータシートに掲載されています。








2回路 34V耐圧高性能Hi-Fiオーディオオペアンプ
「LM4562NA」
¥480-

lm4562







THD+N:0.00003%
PSRRandCMRR:120dB
GB:55MHz/SR:
±20V/us
入力オフセット電圧:0.1mV
Vcc:±2.5~±17V
入力バイアス電流:10nA
Iout:±26mA
DATASHEET


2回路 34V耐圧高性能Hi-Fiオーディオオペアンプ
「LME49720NA」
¥480-

lme49720







THD+N:0.00003%
PSRRandCMRR:120dB
GB:55MHz/SR:
±20V/us
入力オフセット電圧:0.1mV
Vcc:±2.5~±17V
入力バイアス電流:10nA
Iout:±26mA
DATASHEET

LM4562NAとLME49720NAは内容的に同じもので、LME49720NAは後継品にあたります。LME49710NAのデュアルタイプで、同じく低ひずみ:0.00003%を誇るHi-Fiオーディオ向けオペアンプです。自作ヘッドホンアンプなどに人気があります。
600Ω Easyドライブ。




2回路 44V耐圧高性能Hi-Fiオーディオオペアンプ
「LME49860NA」
¥600-

lme49860







THD+N:0.00003%
PSRR&CMRR:120dB

GB:55MHz,SR:20V/us
入力オフセット電圧:0.1mV
入力バイアス電流:10nA
Vcc:±2.5~±22V
Iout:±30mA
DATASHEET

LM4562NAやLME49720NA同様のデュアルオペアンプですが、特徴はLM4562NAやLME49720NAに比べて高い電源電圧で使用可能なことです。
こちらも
600Ω Easyドライブ。

(2011.01.16追記
共立エレショップに登録されましたのでご利用ください。
http://eleshop.jp/shop/g/gB1D418/



200V高耐圧 オーディオパワーアンプドライバ
「LME49810TB」
¥1,380-

lme49810







Vcc:±20~±100V
THD+N:0.0007%
高出力電流:60mA
PSRR:110dB
SR:
±50V/us
DATASHEET

回路図(出力段無し)
llme49810_sch1パワーアンプの出力段をユーザーで構築できパワーアンプドライバICです
ベーカークランプ機能付きによりギターアンプとしても使用可能です。






回路図(出力段有り)
lme49810_sch2出力段の設計例です。
電源電圧とそれに応じたトランジスタで好みの出力を得られます。






(2011.01.16追記
共立エレショップに登録されましたのでご利用ください。

http://eleshop.jp/shop/g/gB1D419/



1回路 高出力 高性能Hi-Fiオーディオバッファアンプ
「LME49600TS」
¥980-
lme49600







THD+N:0.00003%
高出力電流:±250mA
SR:
±2000V/us
バンド幅:110MHz/180MHz
Vcc:±2.25~±18V
DATASHEET


lme49600_block







【応用回路例
ヘッドホンアンプ
lme49600_sch1LME49600はヘッドホンアンプ向きで、自作ヘッドホンアンプによく使用されています。
メーカーデータシートにもヘッドホンアンプの回路図が掲載されておりますので、自作に挑戦してみませんか?






プロ用オーディオ品質 正負レギュレータ
lme49600_sch2LM4040、LME49710との組み合わせで高性能で、低ノイズ、広帯域幅の電圧レギュレータの構成も可能です!






(2011.01.16追記
共立エレショップに登録されましたのでご利用ください。

http://eleshop.jp/shop/g/gB1D41A/



▼ナショセミのハイエンドオーディオ向けIC各種は
レジカウンター並びのオーディオICコーナーで販売中!
lmexx_uriba













以下のICは共立エレショップに掲載されておりますのでご利用ください。
LME49710NA
LME49720NA



  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │IC / 半導体 | オーディオ / 関連

2010年12月16日

光に反応してドーム型LEDの光がクルクル回るイルミネーションの製作

2010年12月4日の記事でご紹介したドーム型LED「DLC/6SRD」をICとセンサ(Cds)を使って制御してみましょう。

555+4017BPの組み合わせでLEDを制御する回路は電子工作でよく使用される基本的な回路です。

光に反応してドーム型LEDの光がクルクル回る
イルミネーションの回路図

dlc6srd_sch













【パーツリスト】
抵抗:150Ω×6本
抵抗:1kΩ×1本
抵抗:4.7kΩ×1本
コンデンサ:積セラ104×3個
コンデンサ:電解50V1uF×1個
IC:NE555×1個

IC:CMOS4017B×1個
Cds:SEN-9006×1個
LED:DLC/6SRD×1個

回路図(PDF版)


この回路は、Cdsで光を受けると、ドーム型LEDの光が回転する仕組みです。
光は強ければ強いほど速く回転し、光が弱くなる、または暗くなるとLEDの回転
速度が下がります。

Cdsで555の発振周波数を変化させてパルス信号を調節し、パルスをC-MOS4017BP
のCLOCKへ入力、パルスの動きに合わせてQ0→Q5に向かって出力がシフトすることに
より、LEDの素子が順番に点灯していくため、LEDの光が回転するように見えます。


光に反応してドーム型LEDの光がクルクル回るイルミネーション



部品はデジット店内ですべて揃いますので製作してみませんか?
回路図はデジット店頭でも配布しております!

また、マイコンを使用して制御してみるのも面白いと思いますよ!

(2011.01.19追記)
共立エレショップで必要部品が一括購入できます。
通販ご希望の方はこちら!


  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │電子工作/回路図