2010年09月25日

AVRライター『AVRWRT』がさらに低価格!



avrwrt3_allAVRWRTは販売終了となりました。
後継品の「AVRWRT3」をよろしくお願い致します。

詳しくはBlog記事へ!





(2012.08.03 UPDATE)

・対応デバイスリストを追加しました。

デジットオリジナルAVRライター『AVRWRT』を本体のみで販売開始しました!
avrwrt_bulk







デジットオリジナルAVRライター「AVRWRT」から付属品(USBケーブル、CD-R、i
spケーブル)を一切省いて、AVRライター本体のみとし、ローコストを実現いたしました。USB接続型で高性能なAVRライターをさらに低価格でご提供いたします!

販売価格:¥1,500-


AVRWRTのソフトウェア、デバイスドライバ、説明書等はデジットのホームページのサポート情報よりダウンロードしていただけます。
※ZIP形式で一括ダウンロード
※AVRWRTをご購入の方はフリーでダウンロードできます。

また、本体のみのため付属品は一切fございませんので、ターゲットの書込みに必要なispケーブルAVRWRTとPCを接続するためのUSBケーブルは別途必要になります。
(お手持ちのUSBケーブルA-Bがあればお使いいただけます。)

いずれもデジットで販売いたしております。
・ispケーブル(BOXプラグ6P付属):¥180
・USBケーブル:特価¥50より

(2010.11.20追記)
共立エレショップに登録いたしましたのでご利用ください。
AVRライター単品『AVRWRT』
http://eleshop.jp/shop/g/gABJ41L/
AVRWRT用ISPケーブル
http://eleshop.jp/shop/g/gABJ41M/



対応デバイスリスト(2012.08.03現在)
現在、6シリーズ / 92デバイスに対応しております!
今後も対応デバイスは順次追加していきます。

【AT90CANシリーズ
3種類
AT90CAN32
AT90CAN64
AT90CAN128

【AT90PWMシリーズ】
4種類
AT90PWM2
AT90PWM3
AT90PWM2B
AT90PWM3B

【AT90Sシリーズ】6種類
AT90S1200
AT90S2313
AT90S4433
AT90S4434
AT90S8515
AT90S8535

【AT90USBシリーズ】6種類
AT90USB82
AT90USB162
AT90USB646
AT90USB647
AT90USB1286
AT90USB1287

【ATmegaシリーズ】51
種類
ATmega8
ATmega16

ATmega32M1
NEW!
ATmega32U2
ATmega32U4 NEW!
ATmega48
ATmega48P
ATmega48PA
ATmega64
ATmega64M1
NEW!
ATmega88
ATmega88P
ATmega88PA
ATmega128
ATmega162
ATmega163
ATmega164
ATmega164P
ATmega165
ATmega165P
ATmega168
ATmega168A
NEW!
ATmega168P
ATmega168PA
ATmega169
ATmega169P
ATmega324P
ATmega325
ATmega325P
ATmega328
NEW!
ATmega328P
ATmega329
ATmega329P
NEW!
ATmega640
ATmega644
ATmega644P
ATmega645
ATmega649
ATmega1280
ATmega1281
ATmega1284
ATmega1284P
ATmega3250
ATmega3250P
ATmega3290
ATmega3290P
ATmega6450
ATmega6490
ATmega8515
ATmega8535

【ATtinyシリーズ】
22種類
ATtiny12
ATtiny13
ATtiny13A
ATtiny13V
NEW!
ATtiny24
ATtiny25
ATtiny26
ATtiny43U
ATtiny44
ATtiny45
ATtiny84
ATtiny85
ATtiny88
ATtiny167
NEW!
ATtiny261
ATtiny461
ATtiny461A
ATtiny861
ATtiny2313
ATtiny2313A
NEW!
ATtiny2313V
ATtiny4313

対応デバイスの追加はリスクの高いファームウェアの書き換えを行わず、すべてAVRWRTソフトウェアのバージョンアップによって対応しますので安全に確実にアップデートが行えます。

(2011.09.24追記)
デジット・オリジナル新型AVRライター「AVRWRT3」販売開始しました!
詳しくはBlog記事へ!



▼AVRWRT本体のみの売り場はこちらで販売しております!
avrwrt_uriba













  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │デジットキット/プロダクツ | マイコン / 関連

2010年09月24日

ブレッドボードを使用したLEDキャンドルの製作

LEDキャンドルIC『CDT3460-02』を使用し、ブレッドボード上で回路を組みます。
電子回路初心者の方でも簡単に組んでいただけると思います。

cdt34603460pin






CDT3460-02のDATASHEET



【回路図】

cdt3460_scm1







回路はいたって簡単です。今回は回路図をすぐに理解しなくても画像を見ながら組めるようにしておりますが、同時に回路図と見比べながら組んでいくと回路が理解しやすいと思います。


【使用パーツ】

kh102cdtset






ほんのわずかなパーツでできあがりますので製作は簡単です!

【パーツリスト】
・ブレッドボード「KH-102N」×1枚 ¥300
・LEDキャンドルIC「CDT3460-02」×1個 ¥50
・ロウソク色(炎色)LED「HCWH-A51A-32」×1個 ¥120
・単3×2電池ケース「BH321A」¥55
・ジャンプワイヤー(リード線や電線などでも代用可)


小型ブレッドボードでもスペースを持て余してしまうぐらいのパーツ量です。

【ブレッドボード内部の接続】
kh-102n_setuzoku






ブレッドボードの内部構造は、上記画像の通り黄線の部分は横に、青線の部分は縦に接続されています。
ブレッドボード上で回路を組む際に知識として内部構造を理解しておいてください。



【電源ラインの接続】
cdt-1






まず、画像のブレッドボードの赤いライン「+」黒いラインを「-」とし、これを電源ラインとして使用します。

cdt-2






電源ラインのをジャンプワイヤーで部品ポイント側に渡します。
(ジャンプワイヤーはリード線や電線などでも代用可)


【CDT3460-02の接続
cdt3460_pin






CDT3460-02には極性がありますので、足配置の番号を確認しておきます。
①VDD=+、②LED=出力、③GND=-となっております。

足配置を間違えて接続すると動作しません。最悪の場合はICが壊れる事もありますので充分注意してください。

cdt-3cdt-4a






上図の通り、CDT3460-02の①を電源ライン「+」に、③を電源ライン「-」に合わせてブレッドボードに差し込みます。この時点では②には何も繋がっていない状態です。



【ロウソク色(炎色)LEDの接続】
cdt_led






LEDには極性があります。リードの長い方がA(アノード)、短い方がK(カソード)です。極性を間違えるとLEDは点灯しません。最悪の場合はLEDが壊れる事もありますので充分注意してください。

cdt-5cdt-6






上画の通り、CDT3460-02の「②」にLEDの「A」を、「③」に「K」を合わせてブレッドボードに差し込みます。



【電池ケースの接続
cdt-7






電池ケースは赤いリードが「+」黒いリードが「-」になります。ブレッドボードの電源ライン+を確認しながら電池ケースの赤いリード黒いリードを図の通り接続します。接続を間違えると回路は動作しません。
最悪の場合はすべての部品が壊れる事もありますので充分注意してください。

cdt-8






あとは電池ケースに単3電池×2本を入れればLEDキャンドルが動作します万が一、動作いないようであれば、すぐに電池を抜いて、各部品の接続を再度確認してください。

【動作しなかった場合のチェック】
・電池ケースの+/-を間違えていないか?
・部品の向きを間違えていないか?
・部品が正しい位置に接続されているか?
・ブレッドボードのポイント穴に部品を奥までしっかり差し込んでいるか?



▼LEDキャンドルICデモ動画
(@Youtube)



LEDに「光拡散キャップ」「トレーシングペーパー」などを使用して光を拡散させる方がきれいに見えます。
また、直接光を見るより間接的な光を見る方が、よりロウソクっぽく見えます。


▼使用する各パーツは以下の売り場で販売中!
cdt_parts_uriba















  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │電子工作/回路図 

2010年09月21日

【特価情報】Twitterで配信した特価情報4

これまでTwitterで配信した特価情報の中から
在庫のあるものををあらためてご紹介!

すべて売り切り品ばかりですのでお早めにお求めください!

●2色LEDユニット
2color_ledunit

















赤×8個
緑×8個それぞれ直列に接続されています。
サイズは約W30×H30×D30×D57mmです。
リードは赤、緑、GNDの3本に3Pのコネクタが付いております。

大特価¥150
http://twitpic.com/29dzut



●NPNトランジスタ『2SC2320
2sc2320

















Vceo=50V、IC=200mA、hFE=90~800、fT=200MHz。
足はECB。
2SC1815の代用にいかがでしょうか?

大特価:1個¥10 / 100個¥500
http://twitpic.com/27iw3q

(2010.10.05追記)
共立エレショップにも登録しましたのでご利用ください。
2SC2320 単品販売
http://eleshop.jp/shop/g/gAA1415/
2SC2320 100個パック
http://eleshop.jp/shop/g/gAA1416/




●8方向ジョイスティック
8joy

















前、後左右押、右回転左回転方向に上部のスティックが動きます。
簡易資料付きです。
各種コントローラやゲーム用スティックにいかがでしょうか?

大特価¥250
http://twitpic.com/28g7c1

<つづく>
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │Twitter | 特価/セール情報

【商品情報】小型ブレッドボード『KH-102N』

ハンダ付け不要で、ICやコンデンサ、リード線など差し込むだけで
実験回路が完成する便利なブレッドボード。

小規模な回路をテスト的に組むのに、一般的なブレッドボードでは
大きすぎて作業台がブレッドボードで占拠されて作業効率も悪いです。

そこで、小型ブレッドボード『KH-102N』をご紹介します!

kh102a













サイズ:80×60mmというコンパクトさ、ポイント穴数は390個です。

小型ながら電源ライン用ポイント穴も上下に用意されています。
小規模回路なら、『KH-102H』で充分に組めます。

また、裏面は粘着テープ付きですので『KH-102H』をケースなどに
固定することもできます。
kh102

















KH-102Nで回路を組んだ例

kh102cdt_kairo













LEDキャンドルIC『CDT3460-02(¥50)』
の回路を
KH-102N上で組んでみました。

kh102_cdt_tentou













※ブレッドボード+LEDキャンドルICの記事は後日掲載します!

公開いたしましたのでご覧ください!(2010.09.24追記)

販売価格:¥300-

2010.11.18追記
共立エレショップにも登録しておりますのでご利用ください
小型ブレッドボード KH-102N
http://eleshop.jp/shop/g/g738313/



▼KH-102Nはこちらの売り場で販売中です!

kh102_uriba














  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │その他電子パーツ | 電子工作/回路図

2010年09月20日

無線モジュール搭載ARM基板(USB)『KBC-RFUARM』入荷!


KEISEEDS新製品、無線モジュール搭載ARM基板『KBC-RFUARM』が入荷しました!


無線モジュール搭載ARM基板 KBC-RFUARM 販売価格¥13,900-
kbcrfuarmkbcrfuarm_scm







【概要】
アナログデバイセス社「ADuC7128(ARM7TDMIコア)」に、NECエンジニアリング社製2.4GHz無線モジュール「TY24FM- E2024」を組み合わせた無線伝送用CPUボード。

126KBフラッシュ/8KBRAM構成でUSBシリアルブリッジ経由の書き込みに対応します。初期状態でシリアルプログラミング機能が利用できるため、WindowsPCがあれば、プログラミングが可能です。また、書込み器やJTAG(JTAGエミュレータが別途必要)経由でも可能です。

高機能ARMチップに無線モジュールの組み合わせにより、移動テレメトリーやロボットなど配線が邪魔になる用途にご利用いただけます。

【主な仕様】
・電源:5V入力またはUSBバスパワー(内部3.3V動作)
・消費電力:65mA(USB未接続、I/O端子未接続、無線モジュールアクティブ時)
・I/F:USBminiBタイプ
・基板サイズ:W84×D55mm
 説明書(一部公開)


▼こちらの売り場で販売しております!
kbcrfuarm_uriba













(2010.11.18追記)
共立エレショップに登録しておりますので通販ご希望の方はご利用ください
無線モジュール搭載ARM基板(USB) / KBC-RFUARM
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)│ │マイコン / 関連