2018年02月17日

AVIOTのラズパイ用DACが入荷しました。

AVIOTのラズパイ用DACが入荷しました。

こちらのDACはAVIOTの「CASE 01」に対応したラズパイDACになります。
なんと「CASE 01」に使える加工済みパネルも一緒に付属していますので
手軽に「CASE 01」に組み込むことができます。

DACデバイスは、TIの「PCM5122」が使われています。
それを日本電波工業製の低位相雑音水晶発振器を2系統
(22.5792MHz/44.1kHz系、24.576MHz/48kHz系)搭載し、
低ジッターを実現しています。
出力はライン、ヘッドホン出力兼用でアンバランス出力(Φ3.5)と
バランス出力(Φ2.5)があります。
あとゲイン切替スイッチもありますのでモバイルバッテリーなどと組み合わせて
ポータブルで使っても面白そうです。
あと使用されている部品のこだわりがすごく、個人的にも欲しくなりました。

適合するRaspberry Pi:Raspberry Pi 2 Model B
                                    Raspberry Pi 3 Model B

AVIOT
「DAC01
販売価格¥18,230(消費税8%税込み)
CIMG9677 (640x480)















CIMG9683 (640x480)















CIMG9675 (640x485)
















bitmap (2)


  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事 │ │オーディオ / 関連 | RaspberryPi関連

2018年02月16日

「tinker board S」が少量ですが入荷しました!

なんとtinker boardの新機種「tinker board S」が少量ですが
入荷しました!

tinker board S では、現行のtinker boardのサイズおよびレイアウトを
そのまま踏襲しプロセッサやメモリも同一スペックながら、
16GbyteのeMMC(オンボードのフラッシュメモリ)を搭載しeMMCへOSを
インストールすることでeMMCからの起動も可能となりました。

そして
電源スイッチを接続できるピンヘッダーが新たに追加され、
OSの設定と連動してシャットダウンやスリープなどの動作が実現できます。
また、電源電圧の低下を検出でき、GUI上に警告を表示することができます。

さらにオーディオ機能ではI2Sスレーブ機能が追加されました。
インターネットとネットワーク接続用のGbit LANも備えていますので
ネットワーク・オーディオに使う場合でもかなり魅力的ではないでしょうか。

詳しくはこちら・・・

ASUS
「tinker board S
販売価格¥10,746(消費税8%税込み)
469ac85d[1] (640x480)












60a8051c[1] (640x480)












bitmap (3)





  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事 │ │Linuxボード関連 | スタッフのオススメ商品

2018年02月11日

話題の「AIスピーカー」関連の書籍が入荷しました。

ラズパイと組み合わせることで今話題のAIスピーカーを
作ることができる「トラ技AIセンサ・フュージョン基板」も販売されましたが、
グーグル・アシスタントやアマゾン・アレクサを使ったAIスピーカーアプリを
つくる書籍も入荷しました。

今話題のAIスピーカーの理解を深めるのにいかがでしょうか。

出版社:秀和システム
「おもしろまじめなAIスピーカーアプリをつくろう」
著者:松浦健一朗/司ゆき

販売価格¥3,024-(消費税8%税込み)
CIMG9658 (640x480)















CIMG9662 (640x480)
















bitmap (2)
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事 │ │書籍 / 雑誌 | 入荷情報

2018年02月10日

「トラ技AIセンサ・フュージョン基板」本日販売開始です!

 今話題のAIスピーカーを基礎から学べる
「トラ技AIセンサ・フュージョン基板」本日販売開始です!

「トラ技AIセンサ・フュージョン基板」とはラズパイと組み合わせることで
今話題のAIスピーカーを作ることができる基板です。
詳しくはトランジスタ技術 2018年3月号を参考にしてください。
店頭にはデモ機も設置しておりますので、ぜひ話しかけてください。

「Hey!Google」(ヘイ グーグル)
「What time is it now?」(ホワット タイム イズ イット ナウ)

「?????」 なんて答えてくれるでしょう

出版社:CQ出版
「トランジスタ技術 2018年3月号」
販売価格¥1,080-(消費税8%税込み)

トラ技AIセンサ・フュージョン基板

「ベーシック部品KIT / TRF001」
販売価格¥3,024-(消費税8%税込み)

トラ技AIセンサ・フュージョン基板
「ベーシック部品(基板付)KIT / TRF002」

販売価格¥3,780-(消費税8%税込み)

トラ技AIセンサ・フュージョン基板
「ベーシック部品 基板完成KIT / TRF003」

販売価格¥4,968-(消費税8%税込み)
trf003a
















trf003b
















trf003d

















  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事 │ │RaspberryPi関連 | 書籍 / 雑誌

2018年02月07日

最高峰 ラズパイ・オーディオを始めてみませんか?

ラズパイ用I2S入力DACの中でも最高峰の「Terra-Berry2+」が
入荷しました。
ただいま大人気のラズパイを使ったオーディオ、ラズパイオーディオを
高音質で楽しみませんか。

「Terra-Berry2+」はVELVET SOUNDアーキテクチャーを採用した
新世代32bit 2chプレミアムDAC、旭化成「AK4490EQ」を採用した
Raspberry Pi用の高性能オーディオDAコンバータです。
PCM 32bit/768kHz、DSD 2.8MHz,5.6MHz,11.2MHz対応、
PCM/DSDともに最高周波数にアップサンプリングされて出力されます。
高音質オペアンプを±2電源で駆動しバランス&アンバランス出力装備しています。
ラズパイ・オーディオは、操作性、音質の違う様々なディストリビューションが
出ており、非常に楽しいです。
「Terra-Berry2+」を使えば、ほとんどのハイレゾ音源にも対応できます。
ただしLinuxドライバーソフト(ALSA)の関係でRaspberry Piから
Terra-Berry DAC+へ出力される信号はPCMは192KHz,DSD2.8MHzまでと
なります。「Terra-Berry2+」ではアップサンプリングしてPCM705.6/768kHz
DSD11.2MHz で再生されます。
ALSAが今後アップデートされた場合はより高い性能で楽しむことができます。

WonderPure(ワンダーピュア)
「Terra-Berry DAC2+
販売価格¥28,620(消費税8%税込み)
terraberrydac2plusa
















terraberrydac2plusc
















terraberrydac2plusf

















bitmap (2)
  


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事 │ │オーディオ / 関連 | RaspberryPi関連