2010年12月25日

ステレオオーディオ電子ボリューム「MAX545xシリーズ」入荷!

max565xMAXIMのステレオオーディオ電子ボリュームIC「MAX5456EEE+」「MAX5457EEE+」が入荷いたしました!

電子ボリュームといえば、”マイコン制御”のイメージが強いのですが
このMAX545xシリーズはMAXIM社”SmartWiper™制御”によりプッシュボタンインターフェイスを備えてコントロールを行うためマイコン制御が不要です!

電子ボリュームを使ってみたいけど、マイコンがネックだったという方に超オススメです!


MAX5456EEE+
max5456MAX5456は4ボタンタイプで、ボリュームとバランスの制御を独立で行えます。




【スペック】
抵抗値:10kΩ

平均電流:±0.5mA(max)
32タップ(2dBステップ)
4プッシュSWインターフェイス
ミュート:-90dB
パワーオンリセット:初期-12dB
Vcc:3~5V(±2.7V)
パッケージ:QSOP16ピン(0.635mmピッチ)
DATASHEET(MAX5456/MAX5457共通)
販売価格:¥880-

MAX5457EEE+
max5457MAX5457は3ボタンタイプで、MODEボタンにより「ボリューム」と「バランス」を切り替えて制御いたします。
LEDによるインジケータでMODEの区別をします。

【スペック】
抵抗値:10kΩ
平均電流:±0.5mA(max)
32タップ(2dBステップ)
3プッシュSWインターフェイス
ミュート:-90dB
パワーオンリセット:初期-12dB
Vcc:3~5V(±2.7V)
パッケージ:QSOP16ピン(0.635mmピッチ)
DATASHEET(MAX5456/MAX5457共通)
販売価格:¥880-

wiper_position
ボリュームは32段階で、1段階ごとに2dB減衰します












応用回路例
max545xMAX5456とMAX5457の足配置は1番~4番ピン以外は共通です。
1番~4番ピンはMAX5456の場合ボリュームとバランスを制御するスイッチを接続、MAX5457の場合はボリュームとバランスを制御する共通のスイッチとMODE切替スイッチ、MODE表示用インジケータ端子となっております。
その他のピンの接続方法は共通です。




回路的には難しい回路ではありませんので、一度挑戦してみてください!



▼「MAX5456EEE+」と「MAX5457EEE+」は
レジカウンターにて販売中!
max565x_uriba
















(2011.01.16追記
共立エレショップに登録されましたのでご利用ください。

ステレオオーディオ電子ボリューム「MAX545xシリーズ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック



TrackBack(0)││入荷情報 | オーディオ / 関連

この記事へのトラックバックURL