2011年04月22日

NXP サウンドフェーダーコントロールIC「TEA6320T」

サウンドフェーダーコントロールIC「TEA6320T」は音量、オーディオシステムの制御をI2Cコントロールできるステレオ・プリアンプです。
tea6320t
tea6320t_pin

音量、左右バランス、前後フェーダー、高音・低音コントロール、4chステレオ&1chモノラルソースセレクタ、ミュートがマイコンを使用してI2Cコントロールが行えます。
ミュートは3モードあり、I2Cコントロールのほか、ゼロクロスミュート、メカニカルファーストミュートがあります。
tea6320t_sch

【仕様】
VR_I(メインボリューム):-31dB~20dB(1dB/step)
VR_II(バランス/フェーダ):-55dB~0dB(1dB/step)
bassコントロールl:±15dB(1.5dB/step)
Trebleコントロール:±12dB
(1.5dB/step)
I2Cインターフェース
ミュート:3モード(ゼロクロスミュート、I2Cコントロール、メカニカルミュート)
最大電圧ゲイン:21dB
パッケージ:SO32Pin(1.27mmピッチ)
Vcc:7.5~9.5V

DATASHEET


販売価格:¥1,180-

(2011.05.10追記)
共立エレショップに登録しましたので通販ご希望の方はご利用ください。
サウンドフェーダコントロールIC TEA6320T



▼サウンドフェーダーコントロールIC「TEA6320T」は
レジカウンタにて販売中!
tea6320_uriba






このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック



TrackBack(0)││オーディオ / 関連 | IC / 半導体

この記事へのトラックバックURL