2011年05月06日

収納に便利なパーツ引出しが入荷しました!

(2012.06.23 UPDATE)

電子工作をされている方なら誰もが一度は「電子部品店のようなパーツの引出しが自分の部屋にあれば・・・」と思ったことがあると思います。しかし、デジットやシリコンハウスが店頭で使用しているような
パーツキャビネットは個人で所有するには非常に高価ですし、置き場所もとりますので現実的ではありません。かといって手持ちのパーツも、いつの間にか結構な種類と数になって、整理も大変。間仕切りの付いたパーツケースもありますが、やはり欲しいパーツがすぐに取り出せ、購入されたパーツをサッっと収納できる引出しタイプの方が便利です

そこでデジットでは、小型で安価なパーツ引出しを取り揃えました!
line_up右から2列2段、1列2段、1列1段と部品や用途に合わせて選べる3タイプが入荷しております!





本格的なパーツ引出し
case_openopen_parts






ケースは小型サイズながら本格的で、引出しの取っ手にラベルを入れられるようになっております。
パーツも一般的なものであれば、たいてい引き出しの中に収めることが可能です。

sikiri
引出しも、奥行きが約170mmと十分なサイズなので1個の引出しだけでもたくさんパーツが入れられます。

しかし残念ながら、引出し内部で間仕切りできる仕様になっておりませんので、間仕切りが必要な場合は発泡スチロールボードなどをカットして製作してください。


縦に横に連結可能!
kumitatekumitate2






引出しの枠に連結用の凹凸が付いていますので、お好みや用途などに合わせて
縦・横に
引出し同士を連結していただけます。
前からスライドしてはめ込むだけです。

kotei_ana引出しの枠の後ろ側に固定用穴が開いていますので、連結した際に不安定になるようであれば、引出しの枠を固定することができますので、安定度が上がります。

※固定用金具は付属されておりません。



デジット店頭でも活用中!
uriba_reiuriba_rei2






実は、デジット店頭でもこのパーツ引出しを使用しております。ここまですれば、パーツキャビネットと比較しても遜色ありません。


連結後もレイアウト変更可能!

hontai_sikiri
もし引出しを連結した後に、引出しのレイアウトを変更したい場合、引出しの枠を分離することなくレイアウト変更が可能です。引出しの間仕切りを取り外せるようになっていますので、例えば2列2段の引出しと1列2段の引出しの場所を変更したい場合、間仕切りを取り替えることによってレイアウト変更ができます。


hontai_sikiri2hontai_sikiri3






間仕切りを取り付けると2列2段の引出しとして使用でき、間仕切りを取ると1列2段、または1列1段の引出しとして使用できるようになります。


取扱いタイプと仕様

4case2列2段タイプ(引出し4個)
外形:
H86×W128×D195mm
引出し内寸法
H
35×W53×D167mm
※導電性で
ございません。
販売価格:¥980-

2case
1列2段タイプ(引出し2個)
外形:H86×W128×D195mm
引出し内寸法
H
35×W116×D167mm
※導電性でございません。
販売価格:¥980-


1case
1列1段タイプ(引出し1個)
外形:H86×W128×D195mm
引出し内寸法
H
86×W116×D167mm
※導電性ではございません。
販売価格:¥980-

引出しは枠も含めてプラスチック製のため、静電気対策は施されておりませんので、静電気対策が必要なパーツは必ず導電袋や帯電防止袋、導電スポンジなどを使用してパーツを保護してください。

▼パーツ引出しは工具売り場にて販売中!
hikidasi_uriba















(2012.06.23追記)
共立エレショップに登録しましたので通販ご希望の方はご利用ください
小型パーツ引出し





このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック



TrackBack(0)││工具・治具 | 入荷情報

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/digit4555/51677414