2011年07月06日

便利な可変レギュレータ

(2012.03.07 UPDATE)

デジットで「非常に便利」との好評を得ております、リニアタイプの「LT3080」とスイッチングタイプの「NJM2367」の2種類の可変レギュレータをご紹介します!

LT3080ET#PBF

lt3080lt3080_pin






「抵抗1本で調整可能」とリニアテクノロジー社が謳う1.1A・低損失・可変リニアレギュレータです。
1本の外付け抵抗で出力電圧を設定できる便利な電源用ICです。

応用回路例
lt3080_sch






代表的な応用回路例ですが、DATASHEETには様々な回路例が掲載されております。

【仕様】
出力電流:1.1A(min)、Vcc1.2~36V、出力可変:0~36V、出力を並列接続でき高電流と熱拡散が可能、SETピン電流の初期精度:1%、0Vまで調整可能な出力電圧、低出力ノイズ:40uVRMS(10Hz~100kHz)、低損失電圧:350mV、パッケージ:TO-220(5ピン)

DATASHEET
 販売価格:¥600-

(2012.03.07追記)
出力3Aの「LT3083ET#PBF」も入荷しました!


(2011.07.19追記)
共立エレショップに登録されておりますので通販ご希望の方はご利用ください。
1.1A低損失可変リニアレギュレータ / LT3080#PBF



NJM2367
njm236050njm236050_pin






NJM2367は、DC-DCコンバータに必要な基本性能を内蔵したDC-DCコンバータ制御IC(降圧型スイッチングレギュレータ)です。大電力パワートランジスタ内蔵により、5.5A(min)の出力が得られます。

応用回路例
nhm2367_schスイッチングレギュレータといえば、外付け部品の点数が多いお目ー字がありますが、NJM2367は非常に少ない外付け部品で簡単に降圧型DC-DCコンバータが実現できます。
分割抵抗により、出力電圧可変が可能です(5V以上)

詳しくはNJM2367アプリケーションマニュアルをご覧ください。

【仕様】
出力電流:5.5A(min)、Vcc7.5~40V、出力可変:5V以上、固定発振周波数:72kHz(typ)、PWM方式スイッチング電源制御、電流センスアンプ内蔵、低電圧ロックアウト回路内蔵、サーマルシャットダウン回路内蔵、バイポーラ構造、パッケージ:TO-22O-5 (5PIN)

DATASHEET 販売価格:¥650-

(2011.07.19追記)
共立エレショップに登録されておりますので通販ご希望の方はご利用ください。
5.5A大電力DC/DCコンバータ制御可変レギュレータ / NJM2367

▼「LT3080ET#PBF」と「NJM2367」は電源用IC売り場にて
販売中!
regu_uriba



















このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック



TrackBack(0)││IC / 半導体 

この記事へのトラックバックURL