2015年03月04日

2回路入りトランスコンダクタンスアンプ のご紹介です

JRCの2回路入りトランスコンダクタンスアンプ
「NJM13600」と「NJM13700」のご紹介です。
NJM13600/13700は,デュアル・トランスコンダクタンス増幅器で,
電流制御端子をもつ差動入力と,プッシュプル出力より構成されています。
2つの増幅器は電源供給が共通になっている以外完全に独立しています。
入力回路にあるダイオードは歪を減じ,高入力レベルに対応します。
インピーダンス制御用バッファ回路は,この増幅器のダイナミックレンジを
改良するためのものです。

「NJM13600」と「NJM13700」の違いは
出力バッファー部とバイアスインプット部につながる
トランジスタの有無となります。

「NJM13600」
¥237(税込)

CIMG3597






「NJM13700」
¥380(税込)

CIMG3594







パッケージはどちらもDIP16ピンです
データシートはこちら
------------------------------------------------------------------------------------------ai



このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック



TrackBack(0)││IC / 半導体 | オーディオ / 関連

この記事へのトラックバックURL