2016年12月20日

0dB HyCAAアンプのオペアンプを交換してみました。

本当にオペアンプの交換で音が変わるのか
興味が湧いたので
以前作ったヘッドホンアンプ0dB HyCAAの
オペアンプを交換してみることにしました。
IMG_1786 (640x478)







そこで安いオペアンプだと違いが分からないかも知れないので
値段の高いオペアンプ「MUSES01」と「MUSES02」を
買おうと思いました。
ところがオーディオ好きのスタッフから「MUSES01」は電流が取れないので
こちらにしたらと、「AD8397」を薦められました。

変更した写真がこちら
unnamed (640x640)










unnamed (1) (640x640)










NJM4556⇒AD8397
NJM5532⇒MUSES02へ交換しました。

感想は、なんとなくクリアになったかもと言うと
オーディオ好きのスタッフから、他に感想はないかと
1週間ぐらい毎日聞かれ、絞りだした感想がこれです。

音域(レンジ)が広がり、
今まで聞こえなかった音も聞こえるようになった!


ウェットなボーカルと存在感があるが主張しすぎない
低音!


全体的に立体感が感じられた!

です。これを言うと本当にそう思ったのかと言われましたが
本当です。(かなり絞り出しましたが・・・)
少なくともオペアンプで音が変わるのはわかりました。
面白いのでぜひチャレンジしてみてください。

(もう1台、抵抗とコンデンサの違うものも作ってみたいかも・・・)

「AD8397」
販売価格¥650-(消費税8%税込み)

「サーマルパッド付き8ピン変換基板」
販売価格¥103-(消費税8%税込み)

「MUSES02」
販売価格¥3,900-(消費税8%税込み)


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

0dB HyCAA基板/真空管とclassAA回路のハイブリットヘッドホンアンプ / 0dB HyCAA-PCB



このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック



TrackBack(0)││オーディオ / 関連 | 電子工作/回路図

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/digit4555/52015269