2018年10月08日

micro:bit おススメの書籍、紹介します。

「かしこくカワイイmicro:bit入門 ブロックプログラミングと電子工作」
isbn9784865941371a














「Scratch」と同様にブロックエディットでプログラムしていく
「MakeCode」について丁寧に書いてあり、理解が深まります。
また、対象年齢は高めですが、内臓のセンサーや部品を追加する作例も
載っているので、micro:bitでより本格的な電子工作に挑戦したい方におススメです。
さらに、ファームウェアを書き込む方法やスマホ、タブレットでの
プログラミング方法も載っているので手元にあるとうれしい一冊です。

詳細
●著者:石井モルナ・江崎徳秀
●サイス:B5変型版
●ページ数:192ページ

【目次】
●第1章:小さなマイコンmicro:bit
●第2章:MakeCodeでらくらくプログラミング
●第3章:micro:bitで電子工作をしよう!
●第4章:タミヤのロボットを制御しよう!
●付録
A.1::MOVE miniの作り方
A.2:ファームウェアを書き込む方法
A.3:スマホでプログラミング
A.4:micro:bitの計測時間の精度
A.5::MOVE miniのLED(Neopixel)
A.6:OLEDモジュール
A.7:ちょこっとだけPython

 リックテレコム 
かしこくカワイイmicro:bit入門
  ブロックプログラミングと電子工作 / ISBN9784865941371

販売価格¥2,376-(消費税8%税込み)

bitmap (640x480)



このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック



││マイコン / 関連 | スタッフのオススメ商品