2018年06月08日

「 Raspberry Pi 3 Model B+」が入荷しました!

ついに「 Raspberry Pi 3 Model B+」が入荷しました。

「 Raspberry Pi 3 Model B+」はRaspberry Pi 3 モデルB”の改良版です。
CPUの動作クロックが1.2GHz→1.4GHzになり、ネットワーク系では
Gigabit Ethernet&5GHzデュアルバンド802.11 b/g/n/acに対応、
Bluetoothもより高速な4.2になりました。
また、産業用機器で利用されることの多いPoE用の電源ピンヘッダが
新たに追加されています。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)
「Raspberry Pi 3 Model B+」
販売価格¥5,670-(消費税8%税込み)
raspi3bplusa














raspi3bplusc














CIMG0392 (640x479)













CIMG0394 (640x479)













bitmap (2)










  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年06月03日

JJ製「ECC82(12AU7)」の取り扱いを始めました。

音楽之友社から販売されたラックスマンの「真空管ハーモナイザー」キットを
付録としたMOOKが販売され、即完売いたしました。

そのMOOK本に真空管ハーモナイザーの付属真空管を交換することで、
音をグレードアップできると紹介されていました。
そこで紹介されている中でも、現在製造されている12AU7で1番のオススメと
書かれていたJJ製のECC82(12AU7)の取り扱いを始めました。
これは個人的にも試してみたいです。

【真空管ハーモナイザー】
ooo (640x512)














JJ
「ECC82(12AU7)」
販売価格¥2,500-(消費税8%税込み)
CIMG0335 (640x479)













CIMG0336 (640x479)














bitmap (2)



  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年05月22日

Raspberry Pi Zero WHの本体がついに単体販売開始しました!!

店頭でも多数の問い合わせがきたシングルボードコンピュータ Raspberry Pi Zero WH、
ついに単体販売開始しました。
zerowhc













zerowhf














【商品構成】
●本体:Raspberry Pi Zero W
●実装済GPIOピンヘッダー:2×20 2.54mm

【Raspberry Pi Zero WH基本仕様】
●SoC:Broadcom BCM2835
●CPU:1000MHz シングルコア ARM1176JZ-F(ARMv6)
●GPU:デュアルコア VideoCore IV(R) 250MHz
 OpenGL ES 2.0対応、ハードウェアOpenVG対応、1080p30 H.264 high-profileデコード
 1Gピクセル/秒、1.5Gテクセル/秒、または24G FLOPの性能を持つ
●メモリー:512MB DDR2 低電圧SDRAM
●電源:Micro USB Bソケット 5V 1A / 2.54mmピンヘッダー
●サイズ:30(W)×5(H)×65(D)mm
●生産国:英国

「シングルボードコンピュータ Raspberry Pi Zero WH」
販売価格¥2,160-(消費税8%税込み)
bitmap (640x480)

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年04月26日

お得なベアリング入荷しました。

ISCのベアリングが特価で販売中です。
CIMG9856 (640x479)












693T12AZZ
•外径 8mm
•内径 3mm
•厚み 4mm
•スチール製、フランジなし
CIMG9858 (640x479)












CIMG9859 (640x479)













NSKマイクロプレシジョン(ISC)
「ベアリング 693T12AZZ 4個パック
販売価格¥400-(消費税8%税込み)
bitmap (640x480)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年04月24日

「うんこボタン」本日販売開始です。

「うんこボタン」本日販売開始です。
「うんこボタン」とは赤ちゃんのうんちとおしっこを記録するためのボタンです。
言葉を話すことができない赤ちゃんの健康管理に排泄物チェックは欠かせません。
赤ちゃんの定期健診では必ずうんちの回数を確認されます。
産院でも何回出たのか、どんなうんちだったのかを毎日記録しておくことを
指導されます。
とはいっても生まれたばかりの赤ちゃんのお世話はかなり大変。
ゆるゆるうんちのおむつ替えでバタバタしていると記録するタイミングを
逃して忘れてしまう。
そんな時「うんこボタン」が手元にあればポチッとボタンを押すだけで
簡単に記録ができます。
というのが、「うんこボタン」というネーミングの理由です。

「うんこボタン」は、押しボタンを2個搭載していてボタンにはデフォルトで
「うんち」と「おしっこ」という名前のイベントが割り当てられていますが、
実はこのイベント名はユーザーが自由に変更することができます。

「うんこボタン」はWiFiで接続して使います。
スイッチを押すとWebアプリに記録され、LINEに通知もできます。
(LINEアカウントが必要です利用者はLINEのアカウントを使って識別します。)
アイデアしだいで色々活用できそうです。

144Lab
「うんこボタン」
販売価格¥3,600(消費税8%税込み)
CIMG9851 (640x479)unkobtna






unkobtneunkobtnd







bitmap (2)

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事