2017年02月24日

話題の「DC-ARROW」をつくってみました。

話題の「DC-ARROW」のパーツセットも出来たので
個人用につくってみました。

が、これがかなりハンダ付けの難易度が高い基板でしたので
ハンダ付けのコツを紹介しようと思いました。

私が使っているハンダこては、55W 300℃温度調整付きの
セラミックヒータータイプを使っているのですが、
電解コンデンサや、ショットキーダイオード、ターミナル、
放熱板のところは、通常のハンダ付けの倍以上時間が
かかるところがありました。
それ以外の箇所でもハンダが基板に流れるのに時間がかかりました。

*電子部品は、熱を加え続けると破壊しますので注意してください。
 (半導体は、内部温度が150度を超えると破壊します。)
  基板のランド(ハンダをのせる所)をこて先で当て、
  基板に熱を伝える必要があります。


この基板のように熱量が必要な基板をハンダ付けをする場合、
追いハンダが有効ですので紹介します。

追いハンダとはハンダ付けされているところに、
さらにハンダを追加することを言います。

今回の場合、ハンダ付けの最中にさらにハンダを追加します。
こうすることでハンダの量が増え、ハンダこてと基板との
接触面積が増えて熱が伝わりやすくなるのと、
ハンダに熱を加え続けると、ハンダに入っているフラックスが
飛んでしまうので、フラックスを追加する為に
新しいハンダを追加します。
ハンダが基板になかなか流れないときに試してみてください。

CIMG7924 (640x479)













追いハンダしているところです。

CIMG7922 (640x479)















CIMG7919 (640x478)













プロの様にはいきませんが、ハンダが基板に流れると
富士山の裾野型になりますので
それでハンダ付けが出来ているかの目安にしてください。
ハンダがボール状の場合は、熱が足りていませんので、
追いハンダをして熱と加えなおしてください。
私の場合、念入りに熱を加えたつもりでしたが
ハンダが完全に流れきっていない所が数箇所ありました。

CIMG7864 (640x479)













作ってさっそくSabreBerry32に使ってみましたが、
私の感想では、ダイナミックレンジの大きな曲などを聴くと
音がぶれなくなったように感じました。
安定感が出たように思います。
ハンダ付けの難易度は高いですがオススメです。


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

ラズパイ・オーディオ用 non-NFB ディスクリート電源基板 / DC-ARROW
デジットSelect DC-ARROWパーツセット(基板無) / DC-ARROW-PSET
デジットSelect DC-ARROWパーツセット(基板付) / DC-ARROW-PSET-PCB
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2016年12月20日

0dB HyCAAアンプのオペアンプを交換してみました。

本当にオペアンプの交換で音が変わるのか
興味が湧いたので
以前作ったヘッドホンアンプ0dB HyCAAの
オペアンプを交換してみることにしました。
IMG_1786 (640x478)







そこで安いオペアンプだと違いが分からないかも知れないので
値段の高いオペアンプ「MUSES01」と「MUSES02」を
買おうと思いました。
ところがオーディオ好きのスタッフから「MUSES01」は電流が取れないので
こちらにしたらと、「AD8397」を薦められました。

変更した写真がこちら
unnamed (640x640)










unnamed (1) (640x640)










NJM4556⇒AD8397
NJM5532⇒MUSES02へ交換しました。

感想は、なんとなくクリアになったかもと言うと
オーディオ好きのスタッフから、他に感想はないかと
1週間ぐらい毎日聞かれ、絞りだした感想がこれです。

音域(レンジ)が広がり、
今まで聞こえなかった音も聞こえるようになった!


ウェットなボーカルと存在感があるが主張しすぎない
低音!


全体的に立体感が感じられた!

です。これを言うと本当にそう思ったのかと言われましたが
本当です。(かなり絞り出しましたが・・・)
少なくともオペアンプで音が変わるのはわかりました。
面白いのでぜひチャレンジしてみてください。

(もう1台、抵抗とコンデンサの違うものも作ってみたいかも・・・)

「AD8397」
販売価格¥650-(消費税8%税込み)

「サーマルパッド付き8ピン変換基板」
販売価格¥103-(消費税8%税込み)

「MUSES02」
販売価格¥3,900-(消費税8%税込み)


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

0dB HyCAA基板/真空管とclassAA回路のハイブリットヘッドホンアンプ / 0dB HyCAA-PCB
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2016年10月15日

はじめてヘッドホンアンプをつくってみました!

デジットのBlogで見たヘッドホンアンプがきれいだったので

作ってみました。(マルチカラーLEDにすれば、もっといいかも)

hycaa05 (640x464)これです。0dB HyCAAアンプ







部品は、どれにすればいいか聞きながら集めました。
集め終わった部品がこちら

IMG_1779 (640x480)






こちらのホームページを見ながら作りました。

IMG_1781 (640x478)







IMG_1782 (640x478)







すぐに完成しました!
問題は、ちゃんと動くかどうか。
緊張しながらACアダプタを挿しましたが
正常に音がなりました。

正常に動いたので専用のアクリル板を付け、
埃が付かないようにプラケースに入れました。
照明を落としながら使うとかなりきれいです。

IMG_1785 (640x479)







IMG_1786 (640x478)







IMG_1787 (640x478)







いろんな色に、ゆっくり変化します。

部品リスト

これからオペアンプを交換して色々試してみようと思います。

通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

0dB HyCAA基板/真空管とclassAA回路のハイブリットヘッドホンアンプ / 0dB HyCAA-PCB

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2016年09月19日

「電子工作マガジン 2016年秋号」が入荷しました。

季刊誌の「電子工作マガジン 2016年秋号」が入荷しました。

毎回面白そうな電子工作の記事がたくさん出てきます。

今回は、「ラブ・ラブテスター」「ミニ4駆リモコンスターター」

「EASY版DSPラジオ」「カード型WFMラジオ」

「Nutubeヘッドホンアンプ」「本格的真空管ヘッドホンアンプ」

「BトレをBLEで個別制御」「ワイヤレス ドア センサ」に

Ichigo Jam関連の記事が載っています。

かなり内容が濃いです。

出版社:電波新聞社
「電子工作マガジン 2016 AUTUMN」
販売価格¥1,296-(消費税8%税込み)
CIMG6990 (640x480)







CIMG6991 (640x480)真空管アンプ、1度は作ってみたいです。







CIMG6994 (640x480)話題のKORGのニュー・デバイス
Nutubeを使った製作記事が
はやくも載っています。
(ヘッドホンアンプ)




CIMG6999 (640x469)IchigoJamで遊ぶには
これは欲しいです。







bitmap (2)

















通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

電子工作マガジン 2016年秋号
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2016年05月13日

あると便利なトランジスタを紹介します。

パーツケースにあると便利なトランジスタを紹介します。
定番トランジスタの2SC1815の電流が不足しそうな時に
このトランジスタがあると重宝します。
Icが1Aあるので、メロディーICをスピーカーで
鳴らしたり、1WクラスのLEDをドライブしたりするのにも
使えます。

Panasonic
「2SC1383」
販売価格¥50-(消費税8%税込み)
CIMG6511 (640x479)







用途:低周波、電力増幅、パワードライブ
VCBO: 30V
VCEO:  25V
Ic:    1A  
Pc:    1W
HFE:    85~340
ft:     200MHz
ピン配置:ECB

bitmap (2)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)