2017年06月02日

「WP-HPA500」を作ってみました! 【製作編】

WonderPureから、「WP-HPA500」という見るからに
音の良さそうなヘッドホンアンプキットが販売されましたので
作ってみました。

平滑コンデンサに、10,000μFのコンデンサが使われていたり、
ドライブ段にもヘッドホンアンプとしては大電力用のトランジスタが
使われていたりして、まるでパワーアンプのようです。
そして信号増幅のところには、MELF抵抗が使われていたり
信号増幅回路にシールド・カバーを取り付けれる穴が開いていたりと
こだわりを感じます。
CIMG8422 (640x480)CIMG8410 (640x480)







CIMG8408 (640x480)







ケースは、「訳ありアルミケース特大 200タイプ」を使いました。
インシュレーターには、タカチの「AFM35-16S 4ヶ入り」を使いました。
高級感があるので、1度使ってみたかったんです。
CIMG8400 (640x480)CIMG8402 (640x479)







CIMG8404 (640x480)







このケースで組み込む場合、スペーサーは5mm以上の高さのものを使うと
蓋が閉まりませんので注意をしてください。
電源スイッチには、今流行の白色LEDの照光式押しボタンを使いました。
「LAS2-GQH-11ZE/W/12V/N」
スイッチのLEDはDC12Vでしたが、ちょうどアンプのパイロットランプの
LEDがDC12Vラインを使っていたので、そこから取りました。
CIMG8428 (640x480)







今回、内部配線を四つ編みにしてみました。
あくまで見た目重視でやってみただけです。
しっかりツイストしたほうが電気的には、良いはずです。
CIMG8411 (640x480)CIMG8413 (640x480)







あと家のパーツケースにノイズフィルタがあったので使ってみました。
CIMG8424 (640x480)







最後にアースに落とす箇所ですが、今回は入力信号のGNDをアース(ケース)に
落とすのが、1番ノイズが減りました。
CIMG8418 (640x480)CIMG8430 (640x480)







しばらく聴き込んで、「WP-HPA500」を作ってみました!【レヴュー編】
を書きたいと思います。
CIMG8439 (640x480)















Wonder Pure
「WP-HPA500」
販売価格 ¥12,960-(消費税8%税込み)

「訳ありアルミケース特大 200タイプ」
販売価格 ¥3,980-(消費税8%税込み)

TAKACHI
AFM35-16S
販売価格 ¥1,660-(消費税8%税込み)

LAS2-GQH-11ZE/W/12V/N
販売価格 ¥1,543-(消費税8%税込み)

「WP-HPA500」を作ってみました!【レヴュー編】
「WP-HPA500」と作ってみました! 【カスタマイズ編】

bitmap (2)
















通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

ハイエンド・ヘッドホンアンプ基板完成品 / WP-HPA500、関連商品
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2017年04月30日

GWの「ものづくり工作室」を突撃レポート!!!

ゴールデンウィークが始まりました。
ゴールデンウィーク中、シリコンハウス3Fの
「ものづくり工作室」にお客様がたくさん来られている
と聞いたので、突撃レポートを敢行しました。

行ってみて意外だったのは、ハンダ付けよりも
ArduinoやAVRマイコンなどのプログラムを
されている方が多かったことです。
皆さん、ノートパソコンを持ち込んでプログラムを
されていました。
(STEMTera Breadboardいかがですか。オススメです。)

親子で参加されて、自作オーディオを楽しまれている
方もいらっしゃいました。

あと友達と参加されてLEDスティックライトの改造されている方も
いらっしゃいました。

参加されたお客様のご好意により、作られていた作品を一挙に
写真で紹介します。

CIMG8230 (640x480)











CIMG8235 (640x480)











CIMG8237 (640x479)











CIMG8245 (640x480)











CIMG8242 (640x480)











CIMG8232 (640x479)











CIMG8234 (640x480)











どうですか?面白そうでしょう。
ぜひ電子工作にチャレンジしてみてください。
スタッフ一同お待ちしています。

シリコンハウス、デジットは
年中無休(年末年始を除く)で営業しています。
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2017年04月25日

ゴールデンウィークは、「ものづくり工作室」で電子工作はいかがですか?

もうすぐ、お楽しみのゴールデンウェークが始まります。
ゴールデンウェーク中、親子でどのように過ごそうかと
楽しみにされているのではないでしょうか。
そして悩みもしているのではないでしょうか。
そこで電子工作というのはいかがでしょうか。

シリコンハウスの3Fに「ものづくり工作室」というハンダこてが
完備されたフロアがありまして、気軽に電子工作を楽しめます。
電子工作をして動いたときのうれしさは本当に大きいものです。
わたし自身、この感動は歳をとって薄れることはあっても
なくなることはありません。

電子工作は、本当に楽しいのでぜひ親子でチャレンジしてみてください。
そしてデジットまで、ぜひ足をのばしてください。
スタッフ一同お待ちしています。

シリコンハウス、デジットは
年中無休(年末年始を除く)で営業しています。

cd164adb















詳しくはこちらへ

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2017年02月24日

話題の「DC-ARROW」をつくってみました。

話題の「DC-ARROW」のパーツセットも出来たので
個人用につくってみました。

が、これがかなりハンダ付けの難易度が高い基板でしたので
ハンダ付けのコツを紹介しようと思いました。

私が使っているハンダこては、55W 300℃温度調整付きの
セラミックヒータータイプを使っているのですが、
電解コンデンサや、ショットキーダイオード、ターミナル、
放熱板のところは、通常のハンダ付けの倍以上時間が
かかるところがありました。
それ以外の箇所でもハンダが基板に流れるのに時間がかかりました。

*電子部品は、熱を加え続けると破壊しますので注意してください。
 (半導体は、内部温度が150度を超えると破壊します。)
  基板のランド(ハンダをのせる所)をこて先で当て、
  基板に熱を伝える必要があります。


この基板のように熱量が必要な基板をハンダ付けをする場合、
追いハンダが有効ですので紹介します。

追いハンダとはハンダ付けされているところに、
さらにハンダを追加することを言います。

今回の場合、ハンダ付けの最中にさらにハンダを追加します。
こうすることでハンダの量が増え、ハンダこてと基板との
接触面積が増えて熱が伝わりやすくなるのと、
ハンダに熱を加え続けると、ハンダに入っているフラックスが
飛んでしまうので、フラックスを追加する為に
新しいハンダを追加します。
ハンダが基板になかなか流れないときに試してみてください。

CIMG7924 (640x479)













追いハンダしているところです。

CIMG7922 (640x479)















CIMG7919 (640x478)













プロの様にはいきませんが、ハンダが基板に流れると
富士山の裾野型になりますので
それでハンダ付けが出来ているかの目安にしてください。
ハンダがボール状の場合は、熱が足りていませんので、
追いハンダをして熱と加えなおしてください。
私の場合、念入りに熱を加えたつもりでしたが
ハンダが完全に流れきっていない所が数箇所ありました。

CIMG7864 (640x479)













作ってさっそくSabreBerry32に使ってみましたが、
私の感想では、ダイナミックレンジの大きな曲などを聴くと
音がぶれなくなったように感じました。
安定感が出たように思います。
ハンダ付けの難易度は高いですがオススメです。


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

ラズパイ・オーディオ用 non-NFB ディスクリート電源基板 / DC-ARROW
デジットSelect DC-ARROWパーツセット(基板無) / DC-ARROW-PSET
デジットSelect DC-ARROWパーツセット(基板付) / DC-ARROW-PSET-PCB
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2016年12月20日

0dB HyCAAアンプのオペアンプを交換してみました。

本当にオペアンプの交換で音が変わるのか
興味が湧いたので
以前作ったヘッドホンアンプ0dB HyCAAの
オペアンプを交換してみることにしました。
IMG_1786 (640x478)







そこで安いオペアンプだと違いが分からないかも知れないので
値段の高いオペアンプ「MUSES01」と「MUSES02」を
買おうと思いました。
ところがオーディオ好きのスタッフから「MUSES01」は電流が取れないので
こちらにしたらと、「AD8397」を薦められました。

変更した写真がこちら
unnamed (640x640)










unnamed (1) (640x640)










NJM4556⇒AD8397
NJM5532⇒MUSES02へ交換しました。

感想は、なんとなくクリアになったかもと言うと
オーディオ好きのスタッフから、他に感想はないかと
1週間ぐらい毎日聞かれ、絞りだした感想がこれです。

音域(レンジ)が広がり、
今まで聞こえなかった音も聞こえるようになった!


ウェットなボーカルと存在感があるが主張しすぎない
低音!


全体的に立体感が感じられた!

です。これを言うと本当にそう思ったのかと言われましたが
本当です。(かなり絞り出しましたが・・・)
少なくともオペアンプで音が変わるのはわかりました。
面白いのでぜひチャレンジしてみてください。

(もう1台、抵抗とコンデンサの違うものも作ってみたいかも・・・)

「AD8397」
販売価格¥650-(消費税8%税込み)

「サーマルパッド付き8ピン変換基板」
販売価格¥103-(消費税8%税込み)

「MUSES02」
販売価格¥3,900-(消費税8%税込み)


通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

0dB HyCAA基板/真空管とclassAA回路のハイブリットヘッドホンアンプ / 0dB HyCAA-PCB
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)