2017年09月21日

micro:bit用ポート引き出しエッジコネクタ変換アダプタを紹介します。

micro:bitからポートなどを引き出しブレッドボードや基板上で
使用出来る変換アダプタを紹介します。
これらを使うことでmicro:bitでいろいろ楽しめそうです。


●Connector Breakout Board

5601B-1

5601b-2
・メーカー:Pimoroni
・型番:KIT5601B
販売価格:972円
(税込み)

GPIOピンとブレッドボード(基板)をジャンプワイヤーで繋げるタイプです。
GPIOピンの隣の穴は、LEDを点ける等の簡単な回路組めるスペースになっています。

●micro:bit Breakout

bob-13989-1

bob-13989-2
・メーカー:SparkFun
・型番:BOB-13989
販売価格:972円
(税込み)

シンプルなタイプの変換コネクタです。
個人的にはこちらのほうが使い易そうだと思いました。


bitmap (640x480)














通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

micro:bit用ブレイクアウトボード
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2017年09月12日

40文字4行のLCDが入荷しました!

なんとHD44780コントローラICを2ヶ使った
40文字4行のキャラクターLCDが入荷しました。
しかもLEDバックライト付です。

HD44780コントローラICを2ヶどのように制御するかと
いいますと、イネーブル端子が2つ出ています。
これで、どちらのHD44780にデータを送るかを選択します。
それ以外の端子は、共通になっています。

40文字4行もあると、なんとなくわくわくします。
制御装置を作っても、略字で表現しなくてもよさそうです。
絵文字で遊ぶのもありかも・・・・。
御一ついかがですか。

40文字4行キャラクターLCD
「L4044B1J」
販売価格¥2,000-(消費税8%税込み)
CIMG8951 (640x480)















CIMG8954 (640x480)
















bitmap (2)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2017年09月06日

IchigoJam「赤外線モールス通信機」の通信改善について

IchigoJam電子工作パーツセット「赤外線モールス通信機」の、
受信側がIchigoJamのバージョンによって
通信がうまく出来ないことが判明しました。
対策としましては、
受信側の抵抗R4の1.6KΩを10KΩに変更していただくか
同じく受信側のコンデンサC3の0.1μFを0.47μFに変更していただくか
プログラムを修正していただくことで、
バージョン0.9.7、1.0.1、1.2.1、1.2.2で正常に通信できます。

通信エラーする場合、
お手数をお掛けしますが、こちらで対応お願い致します。

詳しくはこちら

IchigoJam電子工作パーツセット
「赤外線モールス通信機」
販売価格¥1,200-(消費税8%税込み)
morsejampc[1]
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2017年09月04日

イギリスのBBCのマイコンボードmicro:bit遂にデジットに入荷予定です!

イギリスのBBCが主体となって作った教育向けのマイコンボード
micro:bit / マイクロビット只今ご予約受付中です。
microbita






※色について:シルク印刷の色はランダムです。
色のご指定は受けることができませんのでご容赦ください。
ユーザーが動作をプログラミングできる25個のLEDと2個のボタンスイッチのほか、
加速度センサと磁力センサ、無線通信機能(BLE)を搭載しています。
mbedのように、USBケーブルでPCと接続し、
プログラムをドラッグアンドドロップで書き込みが可能です。
全ての開発環境がウェブブラウザ上で動作するため、
初心者にとってハードルとなりがちな環境構築を行う必要がありません。
パソコンがオフラインになってしまった場合でも動作が止まらないように
工夫されているため、学校の授業などネットワーク環境が不安定であっても
スムーズに開発を続けることができます。
本製品は工事設計認証(いわゆる技適)を取得していますので、
安心して日本国内で使用できます。

電源について
スイッチサイエンス製chibi:bitとは異なり、
バッテリーコネクタのPHコネクタに流せる最大電圧は3.9Vです。
そのため、PHコネクタに挿せるバッテリーは限られています。
例えば、リチウムイオンポリマー電池は最大4.2Vまで出力する可能性があるため、
当製品には使用しないでください。
※詳しくは 公式Power SupplyページのBattery Powering を参照ください。
PHコネクタには、単4電池×2本(1.5V×2本=3V)で供給することが推奨されています。
※micro:bitで使える単3電池ケースも販売準備中です。

【仕様】
●MCU:32bit ARM Cortex M0ベース Nordic nRF51822
・動作周波数:16MHz
・RAM:16KB
・BLE搭載
●LED×25個(明るさセンサとしても使える)
●ボタンスイッチ×2個
●加速度センサ×1個
●磁力センサ×1個
●バッテリーコネクタ×1個(JST製PHコネクタ2ピン)
●サイズ:43×52×11mm(コネクタ部含む)
●重さ:9g

【公式サイトおよび開発環境】
micro:bit公式ウェブサイト(日本語)
micro:bit日本語開発環境
micro:bit各種開発環境

【予約受付】 9月中旬~下旬頃販売予定
※納期が予定より前後する場合がありますのであらかじめご了承ください。
「BBC 教育向けマイコンボード / micro:bit / マイクロビット」
販売価格¥2,160-(消費税8%税込み)
bitmap (640x480)

















通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

BBC 教育向けマイコンボード micro:bit / マイクロビット
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2017年08月11日

「FlashAir」を紹介します。

WiFiと接続できるSDカード「FlashAir」を紹介します。

FlashAirは無線LAN機能とマイコンを内蔵した
SDメモリカードです。
Webサーバーを内蔵しており、無線LAN機器からHTTP経由で
通信が可能となっています。
そしてユーザー側でGPIOの制御ができるマイコンを内蔵していることが、
大きな特徴となっています。
 詳しくはFlashAirを用いた工作やアプリ製作についての
情報がたくさん掲載されている、
FlashAir™ Developers 」をご参照ください。

そしてさらに使うにあたって、敷居をさげてくれる
書籍が出版されました。
「かんたん!スマートフォン+FlashAirで楽しむIoT電子工作」
です。
目次を見ますと、
PART1:スマートフォンとUSBではじめるかんたん電子制御

PART2:FlashAirでかんたんワイヤレス電子制御

PART3:Twitterを使ってIoT電子工作にチャレンジ!

と気になる項目が並びます。

ぜひ書籍片手に、FlashAir電子工作を楽しみませんか。

出版社:オーム社
「かんたん!スマートフォン+FlashAirで楽しむIoT電子工作」
著者:小松 博史

販売価格¥2,160-(消費税8%税込み)
CIMG8831 (640x480)







「FlashAir 16BG」
販売価格¥5,150-(消費税8%税込み)
CIMG8824 (640x480)







「FlashAir 32BG」
販売価格¥6,290-(消費税8%税込み)
CIMG8826 (640x480)






FlashAir評価ボード
「Airio(えありお)」
販売価格¥1,980-(消費税8%税込み)
CIMG8828 (640x480)






Air + IO =Airio  まさに名は体を表すですね。

bitmap (2)

















通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

無線LAN搭載SDメモリカード FlashAir W-04 / 16GB / THN-NW04W0160A6
無線LAN搭載SDメモリカード FlashAir W-04 / 32GB / THN-NW04W0320A6
FlashAir評価用ボード Airio(えありお)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事