2019年01月22日

無線マイコンTWELITE DIPの高出力版TWELITE RED DIP販売中です。

RED(レッド)はBLUE(ブルー・従来品)よりも出力が大きく、
さらに遠くへ飛ばせます。
mwrdiwf














短距離の場合でもより安定した通信が期待できます。
省電力で高出力を実現しているため、間欠動作させれば
コイン型電池で年単位の稼働も可能です。
受信時の消費電流はBLUE(ブルー・従来品)よりも小さいです。

マッチ棒タイプのホイップアンテナ実装済みのモノと、

mwrdiwa















U.FLタイプのコネクタを搭載した外部アンテナ仕様があります。

mwrdiua














※U.FLタイプにアンテナは付属していません。
どちらもヘッダーピン実装済の完成品です。

モノワイヤレス
TWELITE RED DIP ホイップアンテナ / MW-R-DI-W
販売価格¥2,980-(消費税8%税込み)
TWELITE RED DIP U.FLコネクタ / MW-R-DI-U
販売価格¥2,980-(消費税8%税込み)

bitmap (640x480)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2019年01月18日

16ビットカラー グラフィック有機ELディスプレイ入荷しました。

Arduinoなどで手軽に使えるSPIバス接続の1.5インチ、
16ビットカラー グラフィック有機ELディスプレイ入荷しました。
CIMG0713 (640x479)













Arduinoでスケッチを作成する場合、
カラーグラフィック液晶汎用ライブラリ「Ucglib」を
使用するとお手軽にグラフィック表示ができます。
CIMG0715 (640x479)













CIMG0718 (640x472)













•動作電圧:DC3.3V~5V(ロジックは3.3V系です)
•画面サイズ:128×128ドット(1.5インチ)
•表示色:65536色(16ビットカラー)
•モジュールサイズ:37x 44mm(実測)
•インターフェース:SPIバス接続
•コントローラ:SSD1351
CIMG0709 (640x475)













CIMG0711 (640x479)













SPIバス接続 1.5インチ 16ビットカラー
 グラフィック有機ELディスプレイ
 / OLED106-1351-19WI
販売価格¥3,600-(消費税8%税込み)
bitmap (640x480)

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2019年01月07日

SPRESENSEカメラボード入荷しました!

SPRESENSEメインボード用のカメラボード入荷しました。
ソニー製イメージセンサISX012を搭載しています。
出力フォーマットはY/C, RGB, RAWとJPEG形式の画像になります。
DSC02975 (640x479)













Spresenseカメラボード
型名:CXD5602PWBCAM1
メージセンサ:ISX012
サイズ:24.0 mm x 25.0 mm
画素数:2608(H) x 1960 (V) = approx. 5.11 M pixels
駆動電圧:DC 3.7V
IO電圧:DC 1.8V
カメラインターフェース:CMOS 8 bit parallel
出力フォーマット:Y/C, RGB, RAW and JPEG
制御インターフェース:I2C
フィルター:IR cut filter
FOV:78°±3°
被写界深度:77.5cm ~ ∞
F値:2.0±5%
焦点:固定焦点

ソニー(SONY) 
SPRESENSEカメラボード / CXD5602PWBCAM1
販売価格¥3,780-(消費税8%税込み)
※SPRESENSEメインボードおよびSPRESENSE拡張ボードは付属しません。
bitmap (640x480)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年11月12日

micro:bit用 DIYロボット工作キット販売してます。

micro:bitを使う入門者向けのロボットキットです。
自律動作、Bluetoothアプリによるリモートコントロール、
またはmicro:bitの無線機能によりもう一つのmicro:bitを
コントローラとして使用もできます。
※micro:bitは別売です。
kit5624d (620x500)














●特徴:
・このキットは楽しいDIYロボットの工作キットです
・自律制御用のコードを追加可能
・アプリケーションと組み合わせて使用し、Bluetooth経由で制御
・無線機能により、別のmicro:bitをコントローラとして使用可能
・ロボットにペンを取り付けて文字や形を描かせられます

●商品構成:
・シャーシ部品セット ×2
・360°連続回転マイクロサーボ(アクセサリー付) ×2
・Servo:Lite Board ×1
・基板埋め込み済 M3×6サイズ丸型ナット ×2
・基板埋め込み済 M3x8サイズ丸型ナット ×5
・M2ネジ ×6
・M2六角ナット ×6
・単4電池×3
※micro:bitは付属しませんので別途ご用意ください
kit5624a (620x500)














●サイズ:80(L)×65(W)×70(H)mm

●情報:

Kitronik :MOVE mini buggy kit for micro:bit
マイクロビット ムーブミニ バギーキット / KIT5624
販売価格 5,780-(消費税8%税込み)
bitmap (640x480)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年10月08日

micro:bit おススメの書籍、紹介します。

「かしこくカワイイmicro:bit入門 ブロックプログラミングと電子工作」
isbn9784865941371a














「Scratch」と同様にブロックエディットでプログラムしていく
「MakeCode」について丁寧に書いてあり、理解が深まります。
また、対象年齢は高めですが、内臓のセンサーや部品を追加する作例も
載っているので、micro:bitでより本格的な電子工作に挑戦したい方におススメです。
さらに、ファームウェアを書き込む方法やスマホ、タブレットでの
プログラミング方法も載っているので手元にあるとうれしい一冊です。

詳細
●著者:石井モルナ・江崎徳秀
●サイス:B5変型版
●ページ数:192ページ

【目次】
●第1章:小さなマイコンmicro:bit
●第2章:MakeCodeでらくらくプログラミング
●第3章:micro:bitで電子工作をしよう!
●第4章:タミヤのロボットを制御しよう!
●付録
A.1::MOVE miniの作り方
A.2:ファームウェアを書き込む方法
A.3:スマホでプログラミング
A.4:micro:bitの計測時間の精度
A.5::MOVE miniのLED(Neopixel)
A.6:OLEDモジュール
A.7:ちょこっとだけPython

 リックテレコム 
かしこくカワイイmicro:bit入門
  ブロックプログラミングと電子工作 / ISBN9784865941371

販売価格¥2,376-(消費税8%税込み)

bitmap (640x480)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事