2017年07月22日

初日のクラフトオーディオのイベント参加してきました。

ONTOMO MOOKから
「これならできる特選スピーカーユニットフ ォステックス編」
販売価格¥4,968-(消費税8%税込み)
「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」
販売価格¥3,780-(消費税8%税込み)
が販売されました。
そのMOOK付属のスピーカーユニットを使った
クラフトオーディオのイベントを

7/22・7/23の2日間、シリコンハウス3階「ものづくり工作室」
行なっています。
私は、初日のイベントに参加させていただきました。
明日の7/23(日)も開催しておりますので、
ぜひご参加ください。

特別試聴会の開催時間はこちら。
7/23(日)
第1回 11:00~
第2回 13:30~
第3回 15:30~

内容としましては、
パイオニアユニットのボンノート 06エンクロージャ
パイオニアユニットの100均MDFエンクロージャ
---当日図面配布有ります---
パイオニアユニット2ヶ使い タンデム方式低域増強エンクロージャ
---当日図面配布有ります---
パイオニアユニットのスピーカー工作の基本&実例集 2017年版エンクロージャ
パイオニアユニットの炭山先生モデル「コサギ」 鳥型バックロードホーン
の聴き比べ

フォステックスユニットのバスレフエンクロージャ  WP-M801B
フォステックスユニットのTQWT型エンクロージャ WP-SP800TQWT
の聴き比べ

パイオニア USBサウンドクオリティアップグレーダー
BonnesNotes DRESSINGのAPS-DR000、APS-DR001、APS-DR003の
聴き比べ

質問、リクエストタイム

となっておりました。
特に炭山先生の「コサギ」 の音は別格でした。
6cmユニットで、低音不足を微塵も感じませんでした。
しかも音が膨らんでいません。
これはぜひ皆さんにも聴いていただきたいと思いました。
自作スピーカー派の方は、闘志が湧くのではないでしょうか。
参加された方は、「コサギ」作りたいといわれていた方が多かったです。

CIMG8766 (640x480)CIMG8771 (640x480)







CIMG8761 (640x480)CIMG8759 (640x480)







CIMG8744 (640x480)















特別試聴会は無料で入退場も自由ですので、お時間のある方は是非ともお越しください。
お待ちしております。

map
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2017年07月20日

ONTOMO MOOK付属スピーカー専用エンクロージャを紹介します!

音楽之友社からONTOMO MOOKで販売された
「これならできる特選スピーカーユニット フォステックス編」
「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」
に付属されるスピーカーユニットを手軽に楽しめる
専用エンクロージャを紹介します。

出版社:音楽之友社
「スピーカー工作の基本&実例集2017年版」
(パイオニアユニット対応)

販売価格¥4,320-(消費税8%税込み)
CIMG8718 (640x480)CIMG8731 (640x480)







共立プロダクツ
「BonnesNotes06 エンクロージャ」
(パイオニアユニット対応)
販売価格¥4,455-(消費税8%税込み)
CIMG8719 (640x480)CIMG8728 (640x480)






ワンダーピュア
「バスレフエンクロージャ WP-M801B」
(FOSTEXユニット対応)
販売価格¥6,480-(消費税8%税込み)
CIMG8724 (640x480)CIMG8729 (640x480)







ワンダーピュア
TQWT型エンクロージャー組立キット / WP-SP800TQWT
(FOSTEXユニット対応)
販売価格¥19,940-(消費税8%税込み)
CIMG8715 (640x480)CIMG8725 (640x480)







ワンダーピュア
一体型パワードスピーカーシステム組立キット / WP-PSS600W
(パイオニアユニット対応)
販売価格¥9,288-(消費税8%税込み)
CIMG8722 (640x480)CIMG8733 (640x480)






CIMG8735 (640x480)






図面を引いて、木をカットする(または、カットしてもらう)のは
意外と面倒です。
(私の場合、スピーカーユニットだけ物置に眠っているものも多いです。)
それぞれに専用エンクロージャが用意されていると手軽に
スピーカーを作れますし、新しいスピーカーのエージングの
過程を聞くのも楽しいものです。
特に今年は、2つのメーカーのスピーカーの聴き比べも出来ますので、
楽しさ倍増ではないでしょうか。

シリコンハウスだけではなく、デジットでも特設コーナーを作って
ご来店をお待ちしています。

bitmap (2)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

今年は2倍忙しく(楽しく)なりそうです!

毎年夏の恒例となりました、Stereo誌8月号の豪華付録。

今年は、「Stereo誌」の付録としてではなくONTOMO MOOKから
スピーカーユニットが1ペア付録で付いてきます。
しかも今年は、2種類のスピーカーが同時販売されます。
フォステックスとパイオニアのスピーカーです。
フォステックスは、初のメタルフェーズプラグ付きの8cmユニット、
パイオニアは6cmユニットですが、振動板よりマグネットの
方が大きいという強力ユニット。
どちらが支持されるのか気になります。

音を聴かせて貰いましたが、どちらも好い音がしていました。
絶版になる前にぜひご購入してください。
次回、専用エンクロージャを紹介します。

出版社:音楽之友社
「これならできる特選スピーカーユニットフ ォステックス編」
販売価格¥4,968-(消費税8%税込み)

出版社:音楽之友社
「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」
販売価格¥3,780-(消費税8%税込み)
CIMG8712 (640x480)







CIMG8710 (640x480)















そして共立電子産業だけの購入特典情報をお伝えします!

まず、ONTOMO MOOK 3種類。
フォステクス編_表紙 パイオニア編_表紙エンクロージュアキット_表紙
どれか1冊でも購入していただいた方には
「パイオニアオリジナル クリアファイル」をプレゼント。
Pioneer クリアファイルサウンドクオリティアップグレーダー
DRESSINGのクリアファイル
A4サイズ

更に当社指定のエンクロージャー4種類
OMP-600用
OMF800P用
これらのどれか1セットと同時購入の方には
クリアファイルに加え、組み立てに便利な「木工ボンド&#0プラスドライバー」をプレゼント。
P1050731エンクロージャーには木工ボンドが付属してないので
なかなか使える特典。

更に更にエンクロージャー2セット同時購入すると
上記2つの特典に加え
去年12月刊行のONTOMO MOOK「オーディオ 音質改善の極意」付録で
話題を博した「DRESSINGお試し版 APS-DR000」をプレゼント。
P1050732USBに挿すだけで機器内部の電源ノイズを低減。
買い逃された方に朗報です。

bitmap (2)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2017年07月16日

D級/AB級切替ミニパワーアンプパーツセットが入荷しました。

D級/AB級に出力が切替できるパワーアンプIC
「PAM8406ER」を使ったパーツセットが販売されました。
表面実装のICは基板に実装済みです。
DC3V~5Vで使用できますので、
電池を使ってスピーカーを鳴らすのに便利です。
キャンプなど、野外で音楽を聞くときに便利だと思います。
そしてオーディオ的な興味としては、なんと言っても
D級/AB級出力の音質の違いではないでしょうか。
ぜひ、聞き比べしてみてください。

D級/AB級切替可能ミニパワーアンプ
「PAM8406ER パーツセット」
販売価格¥1,680-(消費税8%税込み)
CIMG8693 (640x480)







説明書

bitmap (2)

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2017年06月20日

「WP-HPA500」と作ってみました! 【カスタマイズ編】

WonderPureから音の良さそうなヘッドホンアンプキット「WP-HPA500」
販売されたので作ってみました。

こちらのヘッドホンアンプですが、どうやらプロ用(業務用)のアンプの
ようで音に色付けもなく、駆動力が高く、中低域を抑え目にした
密閉型モニターヘッドホンと相性が良いアンプでした。
よく見ると、基板に「AMP A1 PRO」とあり納得しました。

このアンプで聴くライブ音源は、まるでテレビでライブ映像を見ているかの
ようで、ライブの空気感が感じられませんでした。
完全にモニターに徹した音です。
これはこれで、手元に置いておきたいと思いましたが、
自分好みにカスタマイズする事にしました。
目標は、サウンドステージを広げることを目指しました。

まずは、1番手軽なオペアンプの選択から始めました。
手持ちのオペアンプでいろいろ試しましたが、
目標の音に近かったのは、「LME49720HA」でした。
この段階ではレンジが広くなりましたが、音に厚みが無くなり
出汁の利いていないのお吸い物のような物足りなさを感じました。
CIMG8509 (640x480)







「LME49720HA」
販売価格 ¥1,800-(消費税8%税込み)
「CAN⇒DIP8P 変換基板」
販売価格 ¥206-(消費税8%税込み)

次に手を加えたのは、カップリングコンデンサです。
コンデンサは、どれを使うかは決めていましたが
容量違いを数種類試しました。
今回は、3.3μFを使いました。

フィルムコンデンサ 63V 1μF⇒ 積層セラミックコンデンサ KTD 50V 3.3μF
CIMG8515 (640x480)







「積層セラミックコンデンサ KTD 50V 3.3μF」
販売価格 ¥190-(消費税8%税込み)

出力抵抗の33ΩをDALEのCMF-55 75Ωを2本並列接続して交換しました。
CIMG8531 (640x479)







「金属被膜抵抗 CMF-55 75Ω」
販売価格 ¥80-(消費税8%税込み)

ここまで交換した段階で、音にざらつきを感じるようになりました。
結局、他のコンデンサも交換する事にしました。
しかしなかなかこのざらつく音が取れないため、ほとんどのコンデンサを
交換しました。

小型電解コンデンサ 50V 10μF ⇒ オーディオ用電解コンデンサ Jovial UTSJ 50V 10μF
CIMG8517 (640x480)







「オーディオ用電解コンデンサ Jovial UTSJ 50V 10μF」
販売価格 ¥50-(消費税8%税込み)

低ESR電解コンデンサ 25V 220μF ⇒ オーディオ用電解コンデンサ KA 25V 220μF
CIMG8522 (640x480)







「オーディオ用電解コンデンサ KA 25V 220μF」
販売価格 ¥90-(消費税8%税込み)

オーディオ用電解コンデンサ MUSE KZ 25V 100μF ⇒ OS-CON SEPF 25V 330μF
CIMG8520 (640x480)







「OS-CON SEPF 25V 330μF」
販売価格 ¥290-(消費税8%税込み)

フィルムコンデンサ MKS2 100V 0.1μF ⇒ 積層セラミックコンデンサ KTD 50V 1μF
CIMG8526 (640x480)CIMG8529 (640x480)







「積層セラミックコンデンサ KTD 50V 1μF」
販売価格 ¥90-(消費税8%税込み)

この段階で音のざらつきを感じなくなりました。

最後にノイズフィルターのアース端子をケースに落として個人的に
満足の音になりました。
CIMG8505 (640x480)







目標のサウンドステージを広くする事は、達成できたように思います。
ただ、改造前に感じた圧倒的な安定感は感じられなくなりました。
オーディオって、本当にトレードオフだなーと思います。

自己責任になりますが自分の好みの音を求めて、
カスタマイズするのも面白いと思います。

カスタマイズ前
CIMG8430 (640x477)















カスタマイズ後
CIMG8501 (640x479)















「WP-HPA500」を作ってみました! 【製作編】
「WP-HPA500」と作ってみました! 【レヴュー編】

bitmap (2)
















通販ご希望の方は共立エレショップへどうぞ!

ハイエンド・ヘッドホンアンプ基板完成品 / WP-HPA500

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事TrackBack(0)