2020年08月11日

便利なMP3プレーヤーモジュールをご紹介します。

MP3プレーヤーモジュールをマイコンから動かしたい。」や、「複雑に番号・順番を指定して再生したい。」との意見を耳にすることがあります。
プログラム上で複雑だったり、そもそもその機能が実装されていないこともしばしば...

そんな問題は、共立プロダクツから出ている「MP3モジュールボード2」なら解決できます。
キャプチャ



















操作方法の選択
・2つのモード選択によりお好みの操作性を実現
カウントモードジャンパーを切り替えることで、フラットモードバイナリモードを選択することができます。
 ↳フラットモードはCN3のピン番号通りの番号のmp3ファイルを再生することができます。
 切り替えられる音声は8個までです。0~7ピンが000.mp3~007.mp3に対応
(例 0ピンを*ON → 000.mp3を再生)
 ↳バイナリモードはCH3の8ピンを2進数状にすべてONかOFFにすると対応する音声が再生されます。
   切り替えられる音声は256個までです。
(例 0~7ピンを OFF ON ON OFF  OFF OFF ON ON → 099.mp3を再生)
*ONはピンをGNDに落とした状態。OFFは開放状態を示します。
kp02mp3f (620x500)
















トリガ動作ジャンパーを切り替えることで、
レベルトリガ動作(CH3ピンがONの間動作する。)とエッジトリガ動作(停止ピン、CH4のSをONにするまで再生し続ける。)の2種類の動作方法を選べます。

リピート再生ジャンパーではループ再生機能のON/OFFを選べます。

電源
・使用可能な電源はDC2.1φ 9~12V 1A のACアダプター副端子に安定化した5Vを直接入力することもできます。副端子を使用する場合は電源選択ジャンパーを切り替えてください。

プレビュー機能
本体付属のスイッチを操作することでmicroSDカード内の音声ファイルを再生、選択、停止することができます。
プレビューモード時にCH3から音声ファイルを選択することはできません。
必ずSW3を押して、プレビューモードを終了させてください。
kp02mp3d (620x500)














内蔵スピーカーアンプ
内蔵のスピーカーアンプは4Ω(2W以上),8Ω(1W以上)のスピーカーが推奨されます。
もしそれでも出力が足りなければ、*ライン出力から外部のパワーアンプに信号を取り出せるようになっています。
*ライン出力に直接スピーカーや負荷の大きいヘッドフォンなどを接続しないでください。

共立プロダクツ
MP3モジュールボード2 / KP-02MP3 
販売価格¥4,356-(消費税10%税込み)
kp02mp3a (620x500)
















bitmap (640x480)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事

2020年08月05日

くまモンでプログラミングが学べるKumaJamを紹介します!

プログラミングの導入はやはり一定の敷居があり、始めるのには勇気が必要だという意見などをいただくことがあります。
そこで今回は可愛さ、簡単さ、参考資料の手に入りやすさなどを考慮したうえでKumaJamを紹介してみようということになりました。

KumaJam マイコンボード完成品 
販売価格¥3,300-(消費税10%税込み

通販サイトのエレショップでご購入希望の場合は、こちら


KumaJam マイコンボードハーフキット 
販売価格¥2,750-(消費税10%税込み

通販サイトのエレショップでご購入希望の場合は、こちら

CIMG3207 (640x480)














※製品にジャンパー線は付属しておりません。

・KumaJamは完成品と、自分ではんだ付けをするハーフキットの2種類あります。

CIMG3210 (640x480)














・KumaJamはIchigoJam同様、PS/2対応のキーボードで書き込むことができます。
もしPS/2対応のキーボードが無ければ、USB-シリアル変換ケーブルがあればTera Termなどのシリアル通信に対応したソフトを使うことで、パソコンのほうからプログラムを書き込むことができます。
通信スピードは115200、送信遅延は30ms程度、ローカルエコー(オン)、改行コードをCR+LF
に変更すると書き込みがパソコンの画面にも反映されます。

CIMG3212 (640x480)














・モニターは家のテレビに黄色いRCA端子がついていれば、接続するだけで画面を表示してくれます。

・プログラミング言語はBASICなのでとっつきやすく、始めやすくなっています。
店頭でもIchigoJam関連の書籍を扱っていますので、もし興味があればお声掛けください。

・GPIOがすべてヘッダーソケットにつながれているので高度な遊びもできてしまいます。

・ブザーが付いていて色々な曲を演奏させることもできます。



ブザーのMML機能を使って「森のくまさん」を演奏するデモ機を店頭に配置しております。
複雑なプログラムは一切使うことなく、たった2行で1節を演奏させることができました。

他のプログラミング言語のように型や形式を考慮する必要もないので、プログラミング、電子工作のハンズオンには最適です。

bitmap (640x480)

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事

2020年08月01日

ATOMに自分の回路を、ATOMICプロトキット

サイズが小さく、高性能なATOMシリーズですが自作の回路を追加しようとすると、中々上手に収めるのは難しいものです。
そのような場合、M5STACKから出ているATOMICプロトキットがオススメです。
protob (620x500)
















M5STACK
M5STACK ATOMICプロトキット / M5STACK-A077 
販売価格¥484-(消費税10%税込み)
protoa (620x500)














基板がケース内に入っており、付属のヘッダーピンはんだ付けすることでATOMシリーズをそのまま装着することができます。
protod (620x500)















便利なターミナルなども付いているので、取り外しがしやすく実験用や計測用などにも向いています。
また、背面を止めているねじの取り外し用に六角レンチなども付属しています。


  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事

2020年07月26日

切れる、曲がる、大きい、なんでしょう?

          正解は基板です。

bi (581x414)












曲がる基板は一般家庭にあるようなハサミで容易に切断、造形することができます。ですので、「丁度いいあの形にしたい。」や、「細長い基板が欲しい。」という特殊な状況にでも臨機応変に形を変えることができます。


次に、文字通り容易に曲げることもできます。直角に曲げると折れてしまいますが、画像のように緩やかな放物線を描く曲げ方でしたら好きなようにできます。これにより、カーブの入ったケースや障害物が存在するなど、やむを得ない状況でもフレキシブルに解決してくれます。

uni_curve_w (617x447)












bi (581x414)












次にサイズが 180 x 300 mm で大きめの基板なので、そこそこ大きなケースや同じ形を数作る必要がある場合に重宝します。
uni_size_w (620x421)












bi - コピー (2) (620x401)












両面と片面の2種類がありますので、用途に応じて使い分けられるのが便利です。


「曲がる基板 180 x 300 両面 黒」
販売価格¥1,980-(税込み)
bi (581x414)












「曲がる基板 180 x 300 片面 黒」
販売価格¥1,540-(税込み)
uni (620x516) (620x374)










「曲がる基板 180 x 300 片面 白」
販売価格¥1,540-(税込み)
uni_curve_w (617x447)












曲がる基板、一家に一枚あったら便利になるかもしれません。
image3031 (640x480)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事

2020年07月15日

CQ出版社の電子部品大事典が入荷しました!

コンデンサやコイル,抵抗,ダイオードを始めとする,実験や製作に使う受動部品の実践的な使い方を472頁で網羅的に解説された電子部品大事典が入荷しました。
リレーやスイッチ,放熱器などのよく使う定番的な機構部品も紹介されています。電子部品を適切に使いこなすために役に立つ,定数や型名の記された回路図,実験データなども満載です。
個人的にも、これは買って勉強しなければと思いました。おすすめです。

CQ出版社
「基本電子部品大事典」
販売価格 ¥3,300-(税込み)
CIMG3114 (610x640)


















bitmap (2)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事