2018年05月07日

店頭限定お買い得 単1×4本電池BOX販売してます。

店頭限定お買い得商品の紹介です。
単1(UM-1)×4本電池BOXリード付き、縦2本×2列(計4本)です。
CIMG0066 (640x480)













「単1(UM-1)×4本電池BOXリード付」
店頭限定特価¥50-(消費税8%税込み)
bitmap (640x480)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年04月19日

鳥形バックロードホーンキット 「コサギ」が販売されました。

オーディオ イベントなどで聴かれた方もいらっしゃると思いますが、
パイオニア製フルレンジユニット「OMP-600」を使用し6cmユニットとは
思えない重低音と音場感を実現したオーディオ評論家の
炭山アキラ氏による傑作鳥型バックロードホーン スピーカー
「コサギ」がでついに共立プロダクツからキットで販売されました。

故 長岡鉄男氏の有名な鳥型バックロードホーン「スワン」を欲しいけど
部屋に置けないと諦めていた方は、ぜひ「コサギ」を店頭で見て
聴いてみてください。(後日、店頭で展示いたします。)
大きさは、180(W)×230(D)×900(H)mm と小さいので場所を取りません。

そして初めて鳥型バックロードホーンを聴かれた方はびっくりするのでは
ないでしょうか。フルレンジユニット1つによる点音源で、
しかもスピーカーユニット周りが極小バッフルになっている為の自然な音場感、
小さなエンクロージャに詰め込んだ長いバックロードホーンによる
スピーカーユニットの限界を超えた低音、
奇抜なデザインに見えますが理詰めの設計です。

共立プロダクツ
「鳥形バックロードホーンキット 炭山アキラモデル「コサギ」」
販売価格¥54,000(消費税8%税込み)
kpbsp003a















kpbsp003b














kpbsp003e














bitmap (2)
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年04月07日

「KiCad」の使い方がわかる書籍が入荷しました。

個人でプリント基板を作る方が増え、自分でもプリント基板を
作ってみたいと思われている方も多いと思います。
ただCADの使い方が難しく、慣れる前に挫折された方も
いらっしゃるのでないでしょうか。

こちらの書籍は、オープンソースの基板CADの定番「KiCad」で
プリント基板を発注するときに必要なガーバー・ファイルの作成から
発注に関して書かれています。
KiCadで自分だけのプリント基板を作ってみませんか。

出版社:工学社
KiCadではじめる「プリント基板」製作
著者:外川 貴規
販売価格¥2,484-(消費税8%税込み)
CIMG9790_1













CIMG9792_2














bitmap

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年03月31日

電子工作に便利な工作マットが入荷しました。

机でハンダ付けなどの電子工作をしているとヤニが付いたり、机に傷が付いたり
してしまいます。
そんな時に便利な工作マットが入荷しましたのでご紹介します。

共立プロダクツ
「工作マット KP-S110」
販売価格 ¥864-(消費税8%税込み)
サイズ:280x200MM

kps110b
共立プロダクツ
「工作マット KP-S130」
販売価格 ¥1,188-(消費税8%税込み)
サイズ:350x250MM

kps130b
2点とも静電気対策製品ではありませんが柔らかな素材で机に傷が付きません。
マットの端に小さな部品を仕分けして置いておけるトレイがついていますので、
電子部品やネジやナットなどを一時的に置いておく時に便利です。
さらに簡易的なスケールが付いてます。
ケースへの組み込みやの取り外しのときにも便利だと思います。
kps110f kps130f

bitmap
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事

2018年02月16日

「tinker board S」が少量ですが入荷しました!

なんとtinker boardの新機種「tinker board S」が少量ですが
入荷しました!

tinker board S では、現行のtinker boardのサイズおよびレイアウトを
そのまま踏襲しプロセッサやメモリも同一スペックながら、
16GbyteのeMMC(オンボードのフラッシュメモリ)を搭載しeMMCへOSを
インストールすることでeMMCからの起動も可能となりました。

そして
電源スイッチを接続できるピンヘッダーが新たに追加され、
OSの設定と連動してシャットダウンやスリープなどの動作が実現できます。
また、電源電圧の低下を検出でき、GUI上に警告を表示することができます。

さらにオーディオ機能ではI2Sスレーブ機能が追加されました。
インターネットとネットワーク接続用のGbit LANも備えていますので
ネットワーク・オーディオに使う場合でもかなり魅力的ではないでしょうか。

詳しくはこちら・・・

ASUS
「tinker board S
販売価格¥10,746(消費税8%税込み)
469ac85d[1] (640x480)












60a8051c[1] (640x480)












bitmap (3)





  

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote mixiチェック


個別記事