2014年05月02日

デジタルオーディオを無線で送信!ワイヤレスモジュールが入荷!

デジタルオーディオデータを高音質(無圧縮で)で送信できる
モジュールが入荷しました。
cpiwam001


 

 

ワイヤレスデジタルオーディオモジュール
「CPI-WAM001シリーズ」

○親モジュール(送信側)
USB入力 内蔵アンテナタイプ 「CPI-WAM001/MU-I」
¥4298(税込み/8%) 
I2S入力 内蔵アンテナタイプCPI 「CPI-WAM001/MI-I」
¥4298(税込み/8%) 
○子モジュール(受信側)
I2S出力 内蔵アンテナタイプ CPI-WAM001/S-I
 ¥4298(税込み/8%) 
メーカーカタログ
こちら 

メーカーサイトにてユーザーマニュアルは公開されております。

使用の際は親モジュール、子モジュールが必要となり、
1つの親モジュールから最大4つの子モジュールへの送信が可能です。
今回入荷した商品は基板上にアンテナが内蔵されているタイプとなり、
通信可能距離は見通し10m以内となります。

対応フォーマットは16bit 32/44.1/48kHz で
最近流行のハイレゾ音源には対応しておりませんが
CD音質のデジタルオーディオのデータを無線で飛ばすことができます。

SPDIFとI2Sの変換、アナログとI2Sの変換には
デジットキットのデジタルオーディオ用独立実験基板を
組み合わせると便利です
(リンクページの値段表示は2012年の
記事のため消費税5%表記となっております)


通販サイト 共立エレショップでも購入可能です。
ワイヤレスデジタルオーディオモジュール(親モジュール)
USB入力 内蔵アンテナタイプ
CPI-WAM001/MU-I

ワイヤレスデジタルオーディオモジュール(親モジュール)
I2S入力 内蔵アンテナタイプ
CPI-WAM001/MI-I 

ワイヤレスデジタルオーディオモジュール(子モジュール)
I2S出力 内蔵アンテナタイプ
CPI-WAM001/S-I 

-------------------------------------------
レジカウンター前オーディオキット売り場にて販売中です。
cpiblog 

  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2013年07月19日

NF型RIAAイコライザアンプキット「EQ_NF_F」販売中!!!

CR型RIAAイコライザアンプ独立実験基板キット「EQ_CR_G」に
続いてNF型RIAAイコライザアンプキット「EQ_NF_F」を
販売中です。
やっと、CR型とNF型のRIAAイコライザアンプキットが
揃いました。
CR型RIAAイコライザアンプと同じオペアンプ
T.I.の「OPA2134PA」を採用していますので、
CR型とNF型の違いをぜひ楽しんでください。
MM型のカードリッジに対応しています。
OPアンプや、出力カップリングコンデンサを
交換して自分好みにカスタマイズするのも
面白いと思います。
CIMG0473






¥2,750/個

ai




















  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2013年06月16日

速報!!! 販売予定のNF型RIAAイコライザアンプキット 先行展示しました。

CR型RIAAイコライザアンプ独立実験基板キット「EQ_CR_G」に
続いてNF型RIAAイコライザアンプキットを販売予定しています。
CR型RIAAイコライザアンプと同じオペアンプ
T.I.の「OPA2134PA」を採用していますので、
CR型とNF型の違いをぜひ楽しんでください。
MM型のカードリッジに対応しています。
CIMG0473CIMG0469







CIMG0470CIMG0472






販売日は、まだ未定です。決まり次第、続報します。

ai




















  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事TrackBack(0)

2013年05月13日

新発売!CR型RIAAイコライザアンプ独立実験基板キット「EQ_CR_G」

(2013.05.15 UPDATE)
CR型RIAAイコライザアンプの独立実験基板キットを新発売しましたのでご紹介いたします。

CR型RIAAイコライザアンプ単独基板「EQ_CR_G」
17






CR型RIAAイコライザアンプの単独基板のキットです。
レコードプレーヤ(ターンテーブル)の出力をRIAAイコライザアンプを通してライン出力に変換します。
フォノイコライザ入力のないオーディオアンプが多い昨今ですが、RIAAイコライザアンプキットを使えばオーディオアンプのライン入力に接続してレコードを楽しめます。

◆特徴
MM型のカードリッジに対応しています。
ゲインは1kHzにて100倍(40dB)です。
入力に直流カット用コンデンサ(オプション)を追加するためのスペースがあります。
オーディオプリアンプの試作実験に最適です。

◆オペアンプ
3






オペアンプにT.I.の「OPA2134PA」を採用しています。


◆オーディオ用コンデンサ
4






ニチコンのオーディオ用コンデンサ「FWシリーズ」、WIMAのフィルムコンデンサを採用しています。


◆カップリングコンデンサ付属

5






カップリングコンデンサにAudiophilerのMKPコンデンサ400V 10uFが2個付属しています。
イコライザアンプ基板「EQ_CR_G」の出力をカップリングコンデンサに通します。


◆接続例
89






イコライザアンプとして使用する場合、上図の通りに接続します。
上図の左は出力をカップリングコンデンサに通してRCAコネクタに接続しています。
上図の右は、カップリングコンデンサに通してボリューム基板「VR_D」に接続しています。

【EQ_CR_Gの主な仕様】

・回路形式:CR型
・オペアンプ:OPA2134PA
・入力抵抗:47kΩ
・ゲイン:1kHzにて100倍(40dB)
・周波数特性:30Hz~10kHzまで
±0.5dB以内(出力に直流カット用コンデンサ10μFを接続、負荷抵抗5kΩ時)
・電源電圧:±12V~±15V(2電源)
・基板寸法(約):64×33mm
・M3ねじで取り付け可能
キット説明書(PDF)
販売価格¥3,208-

▼CR型RIAAイコライザアンプ独立実験基板キット「EQ_CR_G」は
各種独立実験基板キットの売り場にて販売中です!
10

















(2013.05.15 追記)
共立エレショップに登録しておりますので通販ご希望の方はご利用ください。

CR型RIAAイコライザアンプ独立実験基板キット / EQ_CR_G
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事

2013年05月02日

リニューアル新発売!DAIトランシーバ独立実験基板「WM8805_G Rev.2」

(2013.05.15 UPDATE)

Wolfsonの「WM8805GEDS/V」を使った、192kHz・24bit対応の高性能デジタルオーディオインターフェイス(DAI)トランシーバ独立実験基板キット「WM8805_G」がバージョンアップし、リニューアル新発売いたしました!

192kHz 24bit DAIトランシーバ独立実験基板キット「WM8805_G Rev.2」
15







新採用!±2.5ppmの高精度水晶発振器
3






主な変更点は、±2.5ppmの高精度水晶発振器を新たに採用しました。
クロック周波数は「12MHz」です。
高精度水晶によりマスタークロックをリクロックします。

その他の機能や仕様などは前バージョン「WM8805_G」と同じです。



【WM8805_G Rev.2の概要】
S/PDIF信号(同軸入力またはデジタル入力)を受信してオーディオシリアル信号を出力するDAIレシーバ機能と、オーディオシリアル信号を入力してS/PDIF信号(デジタル出力)を出力するDAIトランスミッタ機能を1チップにまとめたのがDAIトランシーバです。

動作設定はハードウェアモード(ジャンパ設定)とソフトウェアモード(要マイコン制御)の2種類を選択可能です。
ハードウェアモードでも基本的な設定で動作いたしますが、ソフトウェアモードなら更に高度な設定も可能です。

基板上に、同軸(コアキシャル)によるS/PDIF入力信号用のアンプ回路を搭載しておりますので、パルストランス基板キット「PT_F」を接続するだけで、同軸入力に対応します。

◆メインIC:WM8805GEDS/V
2wm8805_pin






メインICは、デジタルオーディオインターフェイスICとして定評のあるWolfson「WM8805GEDS/V」。
受信×8.送信×1を持ち、外部よりクロック供給することで低ジッタの出力が可能です。
※WM8805GEDS/Vの詳細はBlog記事をご覧ください。
※Blog記事:Wolfson デジタルオーディオI/F「WM8805GEDS/V」入荷!

コンデンサは、ニチコンのオーディオ用電解コンデンサ「FWシリーズ」と、一部に温度特性の良い「X7Rランク」の積層セラミックコンデンサを採用しております。

IC、水晶発振器といった表面実装パーツは、あらかじめハンダ付け済みですので、はじめての方でもやさしく組み立てられます。

◆WM8805_G Rev.2のコネクタ・ピンアサイン

4






ヘッダーピンのピンアサインは、前バージョンの「WM8805_G」と同じですので、以前に「WM8805_G」を製作された方でも問題なく配線できます。
※ヘッダーピンの位置は若干前後いるものもあります。

【WG8805_G Rev.2 主な仕様】
・対応サンプリング周波数:32kHz~192kHz
・クロック:±2.5ppm高精度水晶発振器搭載(12MHz)
・動作設定:ハードウェアモード(ジャンパ設定)、ソフトウェアモード(要マイコン制御)
・対応フォーマット:16bit I2S、24bit I2S、24bit左寄せ(LJ)、16bit右寄せ(RJ)
・電源電圧:3.3V(デジタル部、アナログ部とも)
・基板寸法:約66×39mm
・M3ネジで取り付け可能
キット説明書(PDF)

販売価格:¥4,270-



◆独立実験基板キットを組み合わせた製作例
DAIトランシーバ基板「WM8805_G Rev.2 」と高性能D-Aコンバータ単独基板(DAC_1792_B)等の独立実験基板キットを組み合わせ、「192kHz対応D/Aコンバータ」が製作できます。
block






【独立実験基板キット組み合わせ例】
・DAIトランシーバ独立実験基板キット「WM8805_G Rev.2」¥4,270-
・D/Aコンバータ独立実験基板キット「DAC1792_B¥4,526-
・平衡-平衡反転アンプ基板キット「OPAMP_B」(IV変換用)¥2,120-
・平衡-不平工変換アンプ基板キット(ゲイン1倍タイプ)「BALUN_2134¥1,625-
・デジタルオーディオ・コアキシャル汎用実験/評価基板キット「PT_F¥977-

▼「192kHz対応D/Aコンバータ」の製作記事をご覧いただけます
・製作Blog記事:192kHz対応 オーディオ用D/Aコンバータを作ろう!
・PDF版192kHz対応 オーディオ用D/Aコンバータ製作記事(PDF
・192kHz対応 オーディオ用D/Aコンバータ配線図(PDF

そのほかにも、デジタルオーディオ独立実験基板の組み合わせにより、「アップサンプリングDAC」や「USB接続アップサンプリングDAC」などなど、オーディオ好きにはたまらない高性能なデジタルオーディオ機器を手軽に安価で、自分の手で製作できますので、ぜひ挑戦してみてください!

自作派のあなたにオススメ!IC単品も好評販売中です。
WM8805GEDS/V 販売価格:¥2,400-
wm8805wm8805_pin






WM8805GEDS/Vの詳細はBlog記事をご覧ください。
Blog記事:Wolfson デジタルオーディオI/F「WM8805GEDS/V」入荷!



★オーディオキット製作体験会に参加しませんか?
独立実験基板を使って、デジタルオーディオ機器を作ってみたいけどうまく作れるかちょっと不安・・・という方、デジット主催のオーディオキット製作体験会に参加して作ってみませんか?詳しくは、↓バナーをクリック!
ai




★AVRマイコン電子工作製作会に参加しませんか?
ソフトウェアモードを使ってみたいけど、マイコンなんて使ったことがない・・・

そんな方には、AtmelのAVRマイコンを使った「AVRマイコン電子工作製作会」も開催しておりますので、これを機に、ソフトウェアモードを使うことを目標に、マイコンにチャレンジしてみませんか?詳しくは、↓バナーをクリック!
ai




▼DAIトランシーバ独立実験基板
「WM8805_G Rev.2」は
オーディオキットコーナーにて販売中です!
6

















(2013.05.15 追記)
共立エレショップに登録しておりますので通販ご希望の方はご利用ください。

DAIトランシ-バ独立実験基板 / WM8805_G Rev.2
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixiチェック


個別記事TrackBack(0)